メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

都市公園

関連キーワード

  • 都市公園(2015年04月14日 夕刊)

    都市計画法に基づく公園または緑地で、国、自治体が設置する。都市公園法第2条では、園内に設けることができる施設を、休憩場、売店、便所、管理事務所、運動場、植物園・動物園など具体的に示している。第16条は「みだりに都市公園の区域の全部又(また)は一部について都市公園を廃止してはならない」と定める。

  • 地方の都市公園(2013年05月14日 夕刊)

    自治体が景観やレクリエーション、防災のために都市計画決定し、都道府県知事や国土交通相の許可を得てつくる。国の社会資本整備審議会は11年の報告で「長期間実現していない都市計画の見直しを全国的に取り組むことを期待する」との意見を盛り込んでいる。

  • うめきた2期区域(2016年11月02日 夕刊)

    JR大阪駅北側の旧梅田貨物駅の跡地で、約16ヘクタールが再開発対象。大阪府・市、経済界などの検討部会で利用方針を決めた。国と府市が約202億円をかけて都市再生機構(UR)から敷地中央部の約4・5ヘクタールを購入し、都市公園を整備。敷地南側の地下にはJRの新駅(仮称・北梅田駅)が計画されている。2022年度ごろから街開きをしていく。

最新ニュース

国営公園の入園料、小中学生は無料へ 4月から1年試行(2018/1/11)

 この4月から、小中学生は国営公園の入園料が無料になる。親子連れらの入園者数の増加をねらい、国土交通省が決めた。1年間試し、2019年度以降も続けるか検討する。 国営公園は国が維持管理を行う都市公園で…[続きを読む]

都市公園をコトバンクで調べる

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ