メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

重要文化財

関連キーワード

  • 高橋由一(ゆいち)(2009年02月11日 朝刊)

    (1828〜94)、江戸生まれ。初め日本画を学ぶが、洋画に転進して横浜でワーグマンに師事、油彩を修めた。大学や画塾で多くの弟子を育てた。写実的な手法で静物や風景、肖像を描いた。代表作は「鮭(さけ)」(重要文化財)。

  • 歴史まちづくり法(2009年01月19日 夕刊)

    国交省、文化庁、農林水産省の省庁横断体制で昨年5月に制定された。中部地方整備局のまとめでは、昨年12月時点で東海3県の8自治体が歴史的風致維持向上計画を国に申請する意向を示している。計画が認定されれば、重要文化財や史跡以外の保全すべき建造物にも修理費用などが補助され、文化財と一体で歴史的風致を維持する。

  • ガラス管玉(2009年05月03日 朝刊)

    吉野ケ里町で89年3月に出土、91年6月に国の重要文化財に指定された。弥生中期のもので、成人の墓の中で銅剣と共に見付かった。長さ数センチのストロー状のガラス46点が、縦横に格子状に編み込まれていたと考えられている。当時の首長の装飾品で、頭か胸のどちらかに身につけていたとみられる。

最新ニュース

写真・図版

特別展「縄文」、7月3日開幕(2018/5/27)

 列島に南北から流入し、各地で独自の文化を育んだ縄文人。その文化の詳しい内容は、7月3日から、東京・上野の東京国立博物館で開催される特別展「縄文――1万年の美の鼓動」で見ることができる。 会場には、青…[続きを読む]

重要文化財をコトバンクで調べる

写真

  • 重要文化財 板状土偶 青森市 三内丸山遺跡出土 青森県教育委員会蔵(縄文時遊館保管)
  • テーマ展「あばかれた『阿波賀』」の会場=福井市安波賀町の福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館
  • 15階建ての一宮市役所。隣は来庁者用の立体駐車場=2018年5月9日午後5時35分、一宮市本町2丁目
  • 丹後ばらずし=京都府提供
  • 石が敷き詰められた箱根旧街道=静岡県教育委員会提供
  • 6月から改修工事に入る時計台。右後方は再開発ビル「さっぽろ創世スクエア」=札幌市中央区
  • 都内に11戸ある最高裁裁判官の宿舎の一つ=最高裁提供
  • 東京都内に11戸ある、最高裁裁判官の宿舎の一つ(最高裁提供)
  • 日本橋の首都高地下化区間案
  • フランスのテレビ局の取材を受ける平良敏子さん(右)=15日、大宜味村喜如嘉
  • 日本橋の首都高地下化区間案
  • 「唐物肩衝茶入 銘 油屋」(南宋時代、畠山記念館蔵)
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ