メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

釜石市

関連キーワード

  • 釜石の艦砲射撃(2008年08月09日 朝刊)

    45年7月14日と8月9日、米軍艦などが釜石市街を海上から艦砲射撃した。鉄の鉱山と製鉄所を持つ工業都市だったことが、標的とされた理由だった。両日それぞれ、2千発を超える砲撃を受けた市街地は焼け野原となり、製鉄所は操業不能となった。死者は千人を超えたと推定される。

  • 自治体職員による被災地支援(2013年04月19日 夕刊)

    総務省によると、2011年度には、のべ8万1544人の地方自治体職員が被災地支援に派遣された。北九州市は震災後、今年4月18日までに、のべ525人を岩手や宮城など4県18市の被災地に送り込んできた。なかでも釜石市にはのべ378人を派遣し、支援に力を入れてきた。

  • NPO法人蜘蛛の糸と被災地支援(2014年03月14日 朝刊)

    2002年設立。全国の中小企業経営者や家族3千人以上の相談に乗り、自殺予防に取り組む。震災後の2年間は地元の信用生協と協力し、岩手県釜石市で毎月、自営業者らへの相談会を開いた。昨年2月、北東北3県で自殺予防に取り組む14民間団体でネットワークを結成し、総合相談会やシンポジウムを開いている。

最新ニュース

写真・図版

岩手)今秋の甲子柿「甘くて上出来」、本格出荷へ(2017/10/19)

 釜石市の秋の味覚、甲子柿の「目揃会(めぞろえかい)」が18日、同市の甲子林業センターで開かれた。 生産組合に参加する約20軒の農家が持ち寄った今秋の甲子柿は、どれも真っ赤に熟し、燻煙(くんえん)室か…[続きを読む]

写真

  • 燻煙室から出されたばかりの甲子柿を品定めする関係者ら=釜石市甲子町
  • 大漁旗に囲まれ、漁船から陸にあがるご神体の神輿=釜石港
  • 競技場建設現場に立つ石山次郎さん。9月中旬、メインスタンドの鉄骨が組み上がり始めた=岩手県釜石市鵜住居町
  • 11日午後、沖縄県東村で米軍のヘリコプターが炎上したとみられる現場=ツイッターから
  • 自慢の甲子柿を前に語らう藤井了さん、サヱ子さん夫妻=岩手県釜石市甲子町の創作農家こすもす
  • バラカンさん(手前)のDJに喜び、舞台に上がって踊り出す市民ら=釜石市大町1丁目
  • 達増知事と懇談するしりあがり寿さん(右から2人目)ら漫画家=県庁
  • 公開された優勝杯=釜石市鈴子町
  • 休止が決まった岩手缶詰の宮古工場=宮古市藤原上町
  •  今季新設のトップチャレンジリーグで、三菱重工相模原を相手に突進する釜石シーウェイブスの選手=釜石市甲子町の市球技場
  • 新国立競技場のイメージ図=大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JV作成/JSC提供
  • 新国立競技場のイメージ図(大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JV作成/JSC提供)
  • 沢からの土石流で住居の半分が埋まってしまった家を示す不動寺の森脇妙紀・住職補佐=釜石市駒木町
  • エール交換した中学生と一緒に拳を上げるスクラム釜石のメンバーら=釜石市鵜住居町の鵜住居小学校・釜石東中学校前
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ