メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

釣り糸

関連キーワード

  • カツオの漁法(2014年05月17日 朝刊)

    大型船で遠洋に出て網で魚群を取り囲む「まき網」は、日本のほか外国でも主流。日本では他に、沿岸から遠洋で行う「一本釣り」、小型船で釣り糸をひく沿岸の「ひき縄」も一般的だ。国内の漁獲量の6〜7割はまき網漁だが、ひき縄漁をする10トン以下の船は全国に1万隻以上あるとみられる。

最新ニュース

写真・図版

鳥取)珍客のクロツラヘラサギ飛来 米子水鳥公園(2017/10/21)

 環境省の絶滅危惧種に指定されているクロツラヘラサギ1羽が19日、米子水鳥公園(米子市)に飛来した。鳥を観察していた来園者の男性(73)が午後4時半ごろに見つけた。職員もつばさ池に舞い降りて浅瀬を歩き…[続きを読む]

写真

  • 飛来したクロツラヘラサギ=米子市彦名新田、米子水鳥公園提供
  • 鈍色(にびいろ)の海を見ながら岬町にはいった
  • 漁船の数は以前に比べ大幅に少なくなったという=尾鷲市須賀利町
  • 「いっぱい釣るぞ!」。意欲満々の楚坂夏芽さん(左)と倫生さん、中央が武田和歌子アナウンサー=神戸市須磨区、滝沢美穂子撮影
  • 「いっぱい釣るぞ!」。意欲満々の楚坂夏芽さん(左)と倫生さん、中央が武田和歌子アナウンサー=神戸市須磨区、滝沢美穂子撮影
  • 太平洋に沈む夕日=北海道釧路市
  • 啓風丸の船上で観測装置の投下操作を指示する田中里実さん=相模湾沖、山本孝興撮影
  • 観測装置をクレーンで操作する赤松澪さん=啓風丸で
  • 崖州漁港に停泊する大型漁船=7月19日、海南省三亜市、冨名腰隆撮影
  • 崖州漁港に停泊する大型漁船=海南省三亜市、冨名腰隆撮影
  • けが人の救助訓練をする警察官たち=佐賀市の嘉瀬川河川敷
  • 釣り人やさお、トンボや魚などに風や水の流れを感じさせる作品「ふるさと」=南アルプス市小笠原
  • 科学調査船タラ号からプランクトンと微小なプラスチックごみを採取する網を海に下ろすスタッフ=Anna Deniaud/Tara Expeditions Foundation via The New York Times/(C)2017 The New York Times。北極海もプラスチックごみに汚染されていることが、科学専門誌「サイエンス・アドバンシズ」での2017年の論文発表で分かった
  • グラフィック・山中位行
  • 回収した釣り糸を手に持つ野田拓男さん(左)と青木和子さん=川崎市多摩区
  • ヤッフォのカフェはお洒落で、少々気後れしてしまうほどだ
  • 顕微鏡とにらめっこしながら、0.1ミリ単位の部品を扱う。「振り返ると、幼稚園時代にはんだ付けで遊んだことが開発の原点です」=東京都町田市、関口達朗撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ