メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

長崎原爆

関連キーワード

  • 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館(2015年07月29日 朝刊)

    原爆犠牲者を追悼し、被爆体験を継承するため、2003年に開館した施設。遺影や被爆体験記の収集・保存、体験記の朗読ボランティア育成にも取り組む。14年度までに約115万人が訪れた。体験記の寄贈などの問い合わせは同館(095・814・0055)まで。

  • 被爆2世(2011年08月04日 朝刊)

    広島、長崎原爆被爆者の子で、数十万人ともいわれる。被爆者には被爆者援護法に基づく被爆者健康手帳が交付され、医療費の本人負担分が原則免除されたり、特定の病気にかかって申請すれば、健康管理手当が受給できたりする。2世への国の施策は健康診断のみ。一部の自治体は、特定の病気を治療した場合、医療費を助成している。

  • 鷹来工廠(2016年08月20日 朝刊)

    1939年の名古屋陸軍造兵廠鳥居松製造所(鳥居松工廠)に続き、41年に創設された。地元や中部地方を中心に徴用工、動員の学生など約4千人が働いた。終戦前日の45年8月14日、両工廠には長崎原爆と同じ1万ポンド(4・5トン)の「模擬原爆」が投下された。

最新ニュース

被爆前後の広島、ジオラマにCG 平和資料館の東館改装(2017/4/26)

 改修が続く広島平和記念資料館(広島市中区)の東館が26日、リニューアルオープンする。最新の映像技術などにより、原爆の惨禍をよりわかりやすく伝えるという。 25日、報道機関向けに内部を披露。目玉の「ホ[続きを読む]

写真

  • 旧城山国民学校の校舎で調査する学生たち
  • 智多正信館長に論文を渡す森重昭さん=長崎市の国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館
  • 近藤寿美子さん。手作りのちぎり絵と一緒に=神奈川県平塚市
  • スイス・ジュネーブの国連欧州本部をはじめ、世界各地を訪れたときの写真が並ぶ=長崎市の長崎原爆資料館
  • 日、米、ロの3カ国の高校生がパネルディスカッションに臨んだ=4日、長崎市の長崎原爆資料館
  • 「核兵器禁止条約」をめぐる各国の発言
  • 展示を見る原爆資料館の来場者。海外の人が多く立ち寄っていた=長崎市平野町
  • 青来有一さん=河合真人撮影
  • 完成したレプリカと西村勇夫さん=長崎市
  • 原爆文学の傑作を書き続けた林京子さん=2005年、神奈川県逗子市  
  • 18日のフォーラムに向け、最後の打ち合わせをする久家江光子さん(左)と田川博康さん=長崎市
  • 長崎県危機管理課の担当者(右)に要請の内容を伝える4団体のメンバー=長崎市の長崎県庁
  • 「ユーチューブ」に投稿した松本文代さんの動画を紹介する県立大シーボルト校の国生茉由さん(3年)。「戦争はいけない」という松本さんの言葉を聞き、「説得力がある」と感じた=長崎市平野町
  • 受賞した人たち=長崎市平野町
  • 「野っぱら」 絵・皆川明
  • 作家・林京子さん=2002年、神奈川県逗子市の自宅、池永牧子撮影
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】義母にも母にも!

    センスが光る贈り物を〈PR〉

  • 【&TRAVEL】記念展示やグッズがいっぱい

    スヌーピー博物館1周年

  • 【&M】連載「本音のマイホーム」

    中古住宅探しに必要なもの

  • 【&w】気になるトイレの見えない菌

    清潔に保つ秘けつとは〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム自閉症を描いた漫画に大反響

    「光とともに…」新装版を刊行

  • WEBRONZA性的少数者の環境と自治体

    メディアの変化、LGBT支援策

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ