メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

長崎原爆

関連キーワード

  • 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館(2015年07月29日 朝刊)

    原爆犠牲者を追悼し、被爆体験を継承するため、2003年に開館した施設。遺影や被爆体験記の収集・保存、体験記の朗読ボランティア育成にも取り組む。14年度までに約115万人が訪れた。体験記の寄贈などの問い合わせは同館(095・814・0055)まで。

  • 被爆2世(2011年08月04日 朝刊)

    広島、長崎原爆被爆者の子で、数十万人ともいわれる。被爆者には被爆者援護法に基づく被爆者健康手帳が交付され、医療費の本人負担分が原則免除されたり、特定の病気にかかって申請すれば、健康管理手当が受給できたりする。2世への国の施策は健康診断のみ。一部の自治体は、特定の病気を治療した場合、医療費を助成している。

  • 鷹来工廠(2016年08月20日 朝刊)

    1939年の名古屋陸軍造兵廠鳥居松製造所(鳥居松工廠)に続き、41年に創設された。地元や中部地方を中心に徴用工、動員の学生など約4千人が働いた。終戦前日の45年8月14日、両工廠には長崎原爆と同じ1万ポンド(4・5トン)の「模擬原爆」が投下された。

最新ニュース

写真・図版

長崎)知人ら、金子兜太さん悼む 「原爆句」残した足跡(2018/2/22)

 20日夜に亡くなった俳人の金子兜太さん(98)は、日本銀行に勤めていたころ、長崎で約2年半を過ごし、句を残した。当時からの知人は「長崎で『原爆』を感じ、被爆者を想起した」とその思いをくんだ。 金子さ…[続きを読む]

写真

  • 長崎原爆資料館前に立つ原爆句碑。金子兜太さんの句も彫り込まれている=長崎市平野町
  • 「あたらしい憲法のはなし」の冊子は、今も手元に
  • 工事現場で見つかった防空壕。がけに沿って穴が開いている=長崎市天神町
  • 子どもたちの絵や自作を見る西山進さん=福岡市南区
  • ノーベル平和賞授賞式に至るまでの歩みなどを伝えるパネル20枚が並ぶ=長崎市の長崎原爆資料館
  • 安野伊万里さん(左)と野瀬舞伽さん=長崎市役所
  • 父に抱かれる嶺川洸さん
  • 各国の核弾頭保有数/世界の核弾頭の推移
  • ポーランドから勲章を受けた小崎登明さん=長崎市の長崎原爆資料館
  • 海軍の飛行服姿で
  • 映画「ゴジラ」について語る広瀬氏=長崎市
  • 映画「北の桜守」の記者会見を終え、写真に納まる吉永小百合さん(右)と佐藤浩市さん=広島市中区、上田幸一撮影
  • 原爆ドームの近くを訪れたICANのフィン事務局長(右)と国際運営委員の川崎哲さん=15日午前9時42分、広島市中区、上田幸一撮影
  • 「私たち被爆者がもし一人もいなくなったときに、どんな形になっていくのか、それが一番怖い」と語った谷口稜曄さん=動画から
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ