メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

長崎市

関連キーワード

  • 長崎市長射殺事件(2009年09月29日 夕刊)

    福岡高裁の判決によると、城尾哲弥被告は07年4月17日午後7時50分ごろ、長崎市の選挙事務所前の路上で、市長選に立候補していた伊藤一長・前市長の背後の至近距離から拳銃で銃弾2発を発射して命中させ、失血死させた。

  • 長崎市公会堂(2016年08月04日 朝刊)

    被爆復興事業の一環として被爆10年を機に計画。国内外からの寄付金も募り、1962年に建てられた。建築家や行政関係者で作る国際組織「DOCOMOMO(ドコモモ)」日本支部が選ぶ「日本の近代建築100選」に選ばれた。長崎市は耐震性や老朽化を理由に取り壊しを決め、跡地に市庁舎を移転する計画を立てている。

  • 伊藤一長・前長崎市長銃撃事件(2017年04月18日 朝刊)

    長崎市長の伊藤一長(いっちょう)氏(当時61)が2007年4月17日夜、4選を目指した市長選の選挙運動中に選挙事務所前で銃撃され、翌日に死亡した。遊説先から事務所に戻る途中だった。銃撃犯の当時暴力団幹部だった城尾哲弥受刑者(69)は殺人や公職選挙法違反(選挙の自由妨害)などの罪に問われ、08年に一審・長崎地裁は死刑を宣告したが、09年の二審・福岡高裁は無期懲役を言い渡し、12年に最高裁で、二審の無期懲役の判決が確定した。一審判決は動機について「当選を阻止することで前市長や長崎市への恨みを晴らそうと考えた」と認定し、「民主主義を根幹から揺るがす犯行」としたが、二審の福岡高裁は「政治的な信条に基づいたものではなく、理不尽な怨恨(えんこん)で、選挙妨害そのものを目的としたものではない」と認定した。

最新ニュース

長崎)長崎日大、波佐見など4強 高校野球(2017/7/21)

 第99回全国高校野球選手権長崎大会の準々決勝4試合が20日、長崎市の県営野球場と佐世保市総合グラウンド野球場であり、長崎日大、清峰、瓊浦、波佐見が4強入りした。21日の休養日を挟んで、22日に県営野[続きを読む]

長崎市をコトバンクで調べる

写真

  • 波佐見―創成館 四回表波佐見無死満塁、内野の適時打で二塁走者の山口裕も生還し、2点目。次打者浜田=県営
  • 3Dプリンターで再現した「被爆ビン」=長崎市
  • 飯田大翔君=県営
  • 長崎新幹線の開業に向けて着々と工事が進む=6月初旬、大村市竹松本町
  • ハドロサウルス上科のエドモントサウルスのイメージイラスト(山本匠さん提供)
  • 清水優希君=県営
  • 3校の仲間で歌った新上五島町立有川小・青方小・若松東小合同合唱団=佐世保市
  • この日、今年最高の32・3度を記録した長崎市。信徒らは整然と列をつくって約40分間歩き、浦上天主堂(奥)に入った=16日午後、長崎市、真野啓太撮影
  • 長崎大の次期学長に決まった河野茂氏=長崎市文教町
  • 上五島の冷水優太君=佐世保
  • 広島で被爆した祖父のことを語る岡本篤さん=下関市
  • 小浜―島原 一回表小浜1死一、二塁、増田憲の適時打で二塁走者中野が生還。捕手吉田大=県営
  • ホッキョクグマの写真も多く展示されている=長崎市出島町の県美術館
  • 長崎南山―創成館 三回裏創成館無死一塁、峯の右中間三塁打で一塁走者本田が一気に本塁を突き、生還。創成館はこれで同点に追いついた。捕手塚本=県営
  • 1943年ごろに撮影された、きょうだいとの写真。後列の右端が深堀好敏さん、左端が原爆で亡くなった姉・千鶴子さん
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ