メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

長編小説

関連キーワード

  • 源氏物語(2011年05月07日 夕刊)

    平安時代中期の作で、世界最古の長編小説と言われる。天皇の子・光源氏を主人公に、貴族たちの恋愛と人生を描いた。作者は中宮・彰子に仕えた紫式部。宮仕えの日々は「紫式部日記」に書いた。本名や生没年は不詳。

  • 田舎教師(2009年11月06日 朝刊)

    「四里の道は長かった」という書き出しで始まる田山花袋の長編小説で、1909(明治42)年10月20日に出版された。羽生を舞台にして明治時代の高等小学校で教壇に立つ青年教師の生涯を描いた。

  • トルストイの客死(2011年01月18日 朝刊)

    伯爵家に生まれ、長編小説「戦争と平和」などで名声を博したトルストイは、農地経営を経て国家や宗教を批判する思想家として著作を重ねた。印税などの財産放棄を決意して家族との不和が起きる中、1910年晩秋に家出。鉄道による旅の途中に体調を崩し、下車した小駅の駅長舎で肺炎のため82歳で死去した。

最新ニュース

活版印刷で作られた美しいパリのガイドブック『MA VIE A PARIS』の日本語版がついに一般発売開始(2017/8/21)

リリース発行企業:アスティエ・ド・ヴィラット大日本印刷が活版印刷技術を提供金の装丁、長編小説を思わせる判型、オブジェのような美しさ18 世紀パリの手工芸技術を継承して作られる白い陶器で有名なフランスの[続きを読む]

写真

  • 春の叙勲で旭日小綬章を受けた。対談やインタビューの依頼はひっきりなしだ=飯塚悟撮影
  • 『海辺の生と死』初日舞台あいさつに登壇した満島ひかり (C)ORICON NewS inc.
  • 撮影の合間に島の子どもたちと触れ合う満島ひかり (C)2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ
  • 「仁淀ブルー」の源を見られる滝つぼ「にこ淵(ぶち)」。支流のこの水が仁淀川に合流し土佐湾に至る=高知県いの町
  • 松浦理英子さん=加藤夏子撮影
  • 『永遠の道は曲りくねる』
  • 『BUTTER』
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ