メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

長野市

関連キーワード

  • 長野市民会館(2009年10月15日 朝刊)

    61年に開館した。1828人収容のホールと200人収容の集会室を備える。08年の施設稼働率(通年)は約40%だった。同年発足の有識者らによる「市役所第一庁舎及び長野市民会館の在り方懇話会」は、「建て替えは必要」との報告書をまとめた。それを受けて市は09年8月、「市民会館建設検討委員会」を設置、15年4月の新会館運用を目指すと発表した。

  • 長野市の市庁舎・市芸術館(2015年07月09日 朝刊)

    現在の第1庁舎は1965年、市民会館は61年に完成した。市は老朽化により震度5以上の地震で大きな被害が出るとし、耐震補強より建て替えを選んだ。建設は2013年8月に着工し、新第1庁舎は今年9月完成・来年1月開庁、新市民会館「市芸術館」は今年11月完成・来年5月開館の予定となっている。総事業費は、工期延長などにより6億3千万円増えて約160億円。

  • おでかけパスポート(2008年08月29日 朝刊)

    長野市内に住所がある70歳以上が対象。市内を通る路線バス(川中島バス、長電バス、市営バス)を利用する際、パスポートを示すと、通常の運賃に関係なく1回100円で乗れる。01年4月、高齢者の外出機会の確保などを目的に始まった。バス会社、利用者、市の3者がおおむね等しい負担割合になる前提で、利用者は100円の料金が設定された。

最新ニュース

写真・図版

長野)サッカーW杯の初戦勝利に長野のPVで歓喜(2018/6/21)

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で19日夜、日本が前回大会ベスト8のコロンビアを破った。その瞬間、JR長野駅前のカフェレストラン「カラフル」で試合を観戦していた約200人のサポーターは歓喜。…[続きを読む]

写真

  • FW大迫勇也選手が勝ち越しゴールを決め、喜ぶサポーター=2018年6月19日午後10時半ごろ、長野市南千歳1丁目
  • (左から)フナールさん、ナシュワンさん、リカアさん、加藤さん=2018年6月20日午前11時7分、松本市浅間温泉2丁目、三浦亘撮影
  • バリューブックスの倉庫に立つ中村大樹社長。寄付に充ててほしいと、全国から毎日数万冊の古本が届く=長野県上田市
  • チャリボンは古本買い取りとNPO支援を組み合わせたサービス
  • 校庭と道路を隔てるブロック塀を調べる市職員=長野市西長野
  • 授業の内容について話す石川文洋さん=長野県諏訪市
  • 家族や恋人を描いた作品が多く並ぶ=2018年6月6日、長崎県美術館
  • 小さなコートでスピード感あふれるプレーが満載だ=2018年5月19日、長野県茅野市、津田六平撮影
  • チームの運営会社社長として、昼間は営業活動。よくしゃべり、よく笑う=長野県南箕輪村
  • 入場10万人目となり、小川稔館長から草間彌生展の公式図録などの記念品を手渡される依田あす香さん(左)=2018年6月15日午前11時9分、松本市中央4丁目、三浦亘撮影
  • 鶏もも肉の信州みそ照り焼き=合田昌弘撮影
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ