メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

長野市

関連キーワード

  • 長野市民会館(2009年10月15日 朝刊)

    61年に開館した。1828人収容のホールと200人収容の集会室を備える。08年の施設稼働率(通年)は約40%だった。同年発足の有識者らによる「市役所第一庁舎及び長野市民会館の在り方懇話会」は、「建て替えは必要」との報告書をまとめた。それを受けて市は09年8月、「市民会館建設検討委員会」を設置、15年4月の新会館運用を目指すと発表した。

  • 長野市の市庁舎・市芸術館(2015年07月09日 朝刊)

    現在の第1庁舎は1965年、市民会館は61年に完成した。市は老朽化により震度5以上の地震で大きな被害が出るとし、耐震補強より建て替えを選んだ。建設は2013年8月に着工し、新第1庁舎は今年9月完成・来年1月開庁、新市民会館「市芸術館」は今年11月完成・来年5月開館の予定となっている。総事業費は、工期延長などにより6億3千万円増えて約160億円。

  • おでかけパスポート(2008年08月29日 朝刊)

    長野市内に住所がある70歳以上が対象。市内を通る路線バス(川中島バス、長電バス、市営バス)を利用する際、パスポートを示すと、通常の運賃に関係なく1回100円で乗れる。01年4月、高齢者の外出機会の確保などを目的に始まった。バス会社、利用者、市の3者がおおむね等しい負担割合になる前提で、利用者は100円の料金が設定された。

最新ニュース

“赤ちゃんが泣き止む動画”でも話題になったまきのまや原作「しろめちゃんとおまめさん」が書籍化!10月13日、宝島社より発売決定!(2017/9/21)

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区 代表取締役社長:鈴木義治 以下 トムス)は、著者 まきのまやが、日常の“あるある”をテーマに描いた1コマ絵日記「書いたり描いたり」で好評を得た「…[続きを読む]

長野市をコトバンクで調べる

写真

  • 予定枚数の900枚をすでに刷り終えた長野市長選・市議補選の投票日を10月29日と伝えるポスター=長野市役所
  • 区割りが変わる19都道府県
  • 区割りが変わる19都道府県
  • 認知症の症状や対処法を分かりやすく表現したカルタ=美浜町の日本福祉大学
  • 「昭和の悪童」を著した西村悠一さんと、丹精込めて作った木彫人形=松本市
  • カルタを作った(左から)内村香澄さん、天野歩未乃さん、斉藤雅茂准教授、小木曽茜さん、駒形和泉さん=美浜町の日本福祉大
  • 布を片手に踊る女性が描かれている(手前下)=長野市
  • アミメキリンの赤ちゃん。左側の首元に小さな星形もある=松原樹大撮影
  • 「甲府えんじょいバス」として試験運行されるボンネットバス=JR甲府駅北口
  • アルバム『Paradox』 (okmusic UP's)
  • イラスト・大雪師走
  • パブリックビューイングの様子。中部電力が負けると、会場には落胆の声が漏れた=長野市
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ