メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

除染

関連キーワード

  • 除染(2012年11月05日 朝刊)

    放射性物質を取り除くため建物や道路を洗浄する作業。福島第一原発から20キロ圏内と飯舘村などの高線量地域は政府が、それ以外は自治体が発注する。費用は政府が負担する。政府直轄地域は環境省が担い、今年1月に作業拠点の先行除染に着手した。これまで発注した先行除染事業は総額35億円。金額ベースで98%をゼネコン9社が受注している。

  • 除染計画と仮置き場(2011年10月08日 朝刊)

    警戒区域と計画的避難区域、年間積算放射線量20ミリシーベルト以上の場所は国が除染し、同1〜20ミリシーベルトの地域は市町村が除染する方向。特別措置法では、国は市町村に、除染の対象の施設や方法などを盛り込んだ除染実施計画を作るよう求めている。除染で出た土などは市町村が設ける仮置き場にまず保管し、その後、中間貯蔵施設に移す方針を国は示している。

  • 農水省の農地除染実証実験(2011年10月13日 夕刊)

    表土をはいだり、土をかき回して水で流したりしてどの程度放射性セシウムが減るかを福島県飯舘村などで調べた。ヒマワリについては「植物ではセシウムの吸収力が上位3種に入る」という過去の研究成果があり、実験対象に加えた。実際には、1平方メートルあたりの土壌のセシウム量に対し、ヒマワリの吸収量は約2千分の1にとどまった。農水省は「吸収率が低く除染に極めて長い時間がかかり、実用的ではない」と結論づけた。

最新ニュース

代替オフサイトセンターでは自衛隊や警察、関係町村の職員が集まって想定訓練が行われた=24日午前11時49分、倶知安町、恵原弘太郎撮影

北海道)30キロ圏外へ1100人避難体験 道防災訓練(2014/10/25)

 北海道電力泊原発(泊村)の重大事故を想定した道の原子力防災訓練が24日あり、約1100人が原発30キロ圏外への避難を体験した。全体では過去最多の約1万1千人が訓練に参加。社会福祉施設の避難計画に基づ[続きを読む]

PR情報

写真

  • 代替オフサイトセンターでは自衛隊や警察、関係町村の職員が集まって想定訓練が行われた=24日午前11時49分、倶知安町、恵原弘太郎撮影
  • 福島県知事選の不在者投票で投票用紙に記入する人たち=江東区の東雲住宅
  • 商業施設の造成が進む。住民帰還に向けて期待がかかる=川内村下川内
  • 防護服を着て放射性物質がついていないか調べる県の担当者(左)=上関町室津
  • 福島県双葉町内の写真を見る大沼勇治さん一家。妻のせりなさん(右)は息子たちに「大きくなったら連れていってあげる」と語りかけた=茨城県古河市、根岸拓朗撮影
  • ロボットと話したい?<グラフィック:岡山進矢>
  • 民家の裏庭の汚染地点で地上1メートルの空間放射線量を測定する環境省職員ら。住民も立ち会う=南相馬市原町区
  • 楢葉町内の汚染土の仮置き場
  • 浪江町で捕獲されたイノシシ=環境省提供
  • 別室に展示された村上タカシさんの作品。土<Asajikai sjis="嚢">囊</Asajikai>(どのう)袋の中には土ではなく風船が入っている=仙台市青葉区の東北電力グリーンプラザ
  • 住人のいない金井夫妻の家

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピングもしも老眼が始まったら…

    読書が楽しくなる老眼鏡

  • ブック・アサヒ・コム書籍でギャンブルを考える

    カジノ構想に勝ち目はあるのか

  • 【&M】機関車「茶釜」集結

    高崎鉄道ふれあいデー

  • 【&w】オーガニックコスメを5名に

    シアワセになるサイパン

  • Astand日本開発の「アビガン錠」

    エボラ出血熱の治療薬になるか

  • 写真

    ハフポスト日本版 【これは見ておきたい】

    雄大な自然。有名海外誌フォトコンテスト作品集

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報