メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

除染

関連キーワード

  • 除染(2012年11月05日 朝刊)

    放射性物質を取り除くため建物や道路を洗浄する作業。福島第一原発から20キロ圏内と飯舘村などの高線量地域は政府が、それ以外は自治体が発注する。費用は政府が負担する。政府直轄地域は環境省が担い、今年1月に作業拠点の先行除染に着手した。これまで発注した先行除染事業は総額35億円。金額ベースで98%をゼネコン9社が受注している。

  • 除染計画と仮置き場(2011年10月08日 朝刊)

    警戒区域と計画的避難区域、年間積算放射線量20ミリシーベルト以上の場所は国が除染し、同1〜20ミリシーベルトの地域は市町村が除染する方向。特別措置法では、国は市町村に、除染の対象の施設や方法などを盛り込んだ除染実施計画を作るよう求めている。除染で出た土などは市町村が設ける仮置き場にまず保管し、その後、中間貯蔵施設に移す方針を国は示している。

  • 農水省の農地除染実証実験(2011年10月13日 夕刊)

    表土をはいだり、土をかき回して水で流したりしてどの程度放射性セシウムが減るかを福島県飯舘村などで調べた。ヒマワリについては「植物ではセシウムの吸収力が上位3種に入る」という過去の研究成果があり、実験対象に加えた。実際には、1平方メートルあたりの土壌のセシウム量に対し、ヒマワリの吸収量は約2千分の1にとどまった。農水省は「吸収率が低く除染に極めて長い時間がかかり、実用的ではない」と結論づけた。

最新ニュース

中間貯蔵施設の建設候補地

中間貯蔵、受け入れ表明 福島知事「苦渋の決断」(2014/08/31)

 東京電力福島第一原発事故で出た汚染土を保管する中間貯蔵施設を福島県の大熊、双葉2町に建設する政府の計画について、佐藤雄平県知事は30日、建設の受け入れを正式に表明した。福島市で2町の町長と協議した後[続きを読む]

PR情報

写真

  • 中間貯蔵施設の建設候補地
  • 中間貯蔵施設の完成イメージ
  • 会場からの質問に答える報告者=金沢市西念3丁目
  • 中間貯蔵施設の建設候補地
  • 大熊町と双葉町の町長らに復興構想を説明する根本匠・復興相=郡山市
  • 大熊・双葉両町の帰還困難区域
  • 大熊・双葉両町の帰還困難区域
  • 中間貯蔵施設の建設をめぐる構図
  • 中間貯蔵施設の建設候補地
  • 政府が原子力事業を支える英国の仕組み

注目コンテンツ

  • ショッピングPCなしで簡単デジタル化

    思い出の名盤を永久保存

  • ブック・アサヒ・コム寝台列車徹底ガイド

    トワイライトエクスプレス引退

  • 【&M】資産形成の脇役に最適

    八木沼さんが聞く「金」の話

  • 【&w】「Yゾーン」を美しく

    イヴ・サンローランの新美容液

  • Astand落雷からどう身を守る?

    知っておくべき基礎知識

  • 写真

    ハフポスト日本版 北朝鮮で働く女性たちの素顔

    アメリカ人がとらえた、北朝鮮の日常の姿。

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報