メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

除染

関連キーワード

  • 除染(2012年11月05日 朝刊)

    放射性物質を取り除くため建物や道路を洗浄する作業。福島第一原発から20キロ圏内と飯舘村などの高線量地域は政府が、それ以外は自治体が発注する。費用は政府が負担する。政府直轄地域は環境省が担い、今年1月に作業拠点の先行除染に着手した。これまで発注した先行除染事業は総額35億円。金額ベースで98%をゼネコン9社が受注している。

  • 除染計画と仮置き場(2011年10月08日 朝刊)

    警戒区域と計画的避難区域、年間積算放射線量20ミリシーベルト以上の場所は国が除染し、同1〜20ミリシーベルトの地域は市町村が除染する方向。特別措置法では、国は市町村に、除染の対象の施設や方法などを盛り込んだ除染実施計画を作るよう求めている。除染で出た土などは市町村が設ける仮置き場にまず保管し、その後、中間貯蔵施設に移す方針を国は示している。

  • 農水省の農地除染実証実験(2011年10月13日 夕刊)

    表土をはいだり、土をかき回して水で流したりしてどの程度放射性セシウムが減るかを福島県飯舘村などで調べた。ヒマワリについては「植物ではセシウムの吸収力が上位3種に入る」という過去の研究成果があり、実験対象に加えた。実際には、1平方メートルあたりの土壌のセシウム量に対し、ヒマワリの吸収量は約2千分の1にとどまった。農水省は「吸収率が低く除染に極めて長い時間がかかり、実用的ではない」と結論づけた。

最新ニュース

ハウス内で栽培したイチゴを収穫する佐藤博さん=飯舘村

飯舘村産のイチゴ出荷 避難指示区域で初(2014/08/01)

●生産者「自信持ち」 東京電力福島第一原発事故で全村避難中の飯舘村の農家が31日、4年ぶりにイチゴを約40キロ出荷した。県の検査で放射性物質は検出されなかった。避難指示区域内で栽培された食品では、初め[続きを読む]

PR情報

写真

  • ハウス内で栽培したイチゴを収穫する佐藤博さん=飯舘村
  • ハウス内で収穫作業が進むイチゴ=飯舘村
  • 復興予算の使い残し状況
  • 建設中の南相馬の新天地
  • 大熊町内からみる福島第一原発
  • 栃本さんの曽祖父の墓
  • 海に向かって石投げをして遊ぶ福島からの子どもたち=朝日町のヒスイ海岸
  • 編集委員・小森敦司
  • 原子力規制委員会が入るビルの前で抗議活動をする人たち=16日午前11時5分、東京都港区、白井伸洋撮影

注目コンテンツ

  • ショッピングスーツケースの転がし革命

    キャスター付きは男らしくない

  • ブック・アサヒ・コム原田医師しのび課題図書に

    水俣病一筋「よかたい先生」

  • 【&M】ドクターイエロー内部初公開

    JR浜松工場でイベント

  • 【&w】臨場感あふれる建築現場

    美しい土木・建設中

  • Astand轟悠、6年ぶり本拠地に

    理事スターの歩む道

  • 写真

    ハフポスト日本版 日本の城ベスト20

    2年連続でトップに立ったのは、あの名城でした。

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報