メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

集団的自衛権

関連キーワード

  • 集団的自衛権(2015年05月12日 朝刊)

    同盟国などが攻撃されたとき、自国への攻撃と見なし、反撃できる権利。国連憲章など国際法で認められている。日本の歴代内閣は「保有しているが、憲法9条との関係で行使できない」との解釈を示していたが、安倍内閣は昨年7月の閣議決定で、解釈を変更。(1)日本と密接な関係にある他国が武力攻撃され、日本の存立が脅かされる明白な危険がある事態(存立危機事態)(2)我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない(3)必要最小限度の実力行使——の新たな3要件を満たせば、集団的自衛権による武力行使を憲法上可能とした。

朝日新聞政治部公式twitter

  • 官邸クラブ

    官邸クラブ

    朝日新聞官邸クラブ。政治家を日々ウオッチしています。

  • 揺れやすい地盤

    霞クラブ

    外交・防衛取材班「霞クラブ」のアカウントです。

最新ニュース

写真・図版

希望・小川氏「安倍さんから生活のにおい感じられない」(2017/10/19)

■小川淳也・元民進党役員室長(発言録) 安倍(晋三)さんたちから最も感じられないのが、生活のにおいなんだ。国民の暮らしの実感なんだ。やれ憲法改正だ、やれ集団的自衛権だ。国民の暮らしと直結していない。や…[続きを読む]

写真

  • 主要政策をめぐる各党の立ち位置
  • 主要政策をめぐる各党の立ち位置
  • 中川浩之さんの作品
  • 高村正彦氏  
  • 手書きの解説ボードを手に憲法について話す久保井奈美さんと、参加者=10日、神奈川県相模原市、木村司撮影
  • 希望・小川淳也氏
  • もと・ひでのり 1963年生まれ。94年、名古屋大学法学部助教授、2004年から現職。近編著に「グローバル化時代における民主主義の変容と憲法学」など
  •   
  • 国政選挙での自民党獲得議席と採決強行で成立した主な法律
  • 饗場和彦さん
  • 高レベル放射性廃棄物を地層処分することの問題点を指摘する森清氏(右奥)=松本市の信州大学
  • 手書きの解説ボードを手に憲法について話す久保井奈美さん=相模原市
  • 地裁前で判決結果を伝える原告側支援者ら=13日、さいたま市浦和区、平野尚紀撮影
  • さいたま地裁前で判決結果を伝える原告側支援者ら=13日午後、さいたま市浦和区、平野尚紀撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ