メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

雇用創出

関連キーワード

  • 緊急雇用創出事業(2013年11月23日 朝刊)

    2008年のリーマンショック後にもうけられた厚生労働省の失業者対策の制度で、東日本大震災で職を失った人の臨時の雇用対策としても活用された。国の交付金で県が基金をつくって市町村に補助し、雇用を生み出す。行政の事務補助やがれきの片付け、仮設住宅の見回りなど幅広く使われてきた。人件費を含む事業費の全額が国費負担という「使い勝手のよさ」がある。自治体が直接雇用する方法だけでなく、企業やNPO法人に事業を委託することもできる。だが、昨年12月、山田町から委託を受けたNPO法人「大雪りばぁねっと。」=解散=の資金流用問題が発覚。NPO法人のずさんな金の使い方への、町や県のチェックの甘さが浮き彫りとなった。期限は2014年度までだが、厚労省が1年間の制度延長を来年度予算案に概算要求している。

  • 緊急雇用創出事業臨時特例基金(2013年04月28日 朝刊)

    厳しい雇用環境の中で、離職を余儀なくされた非正規労働者や中高年齢者などの失業者に、短期の雇用の機会を創出するためにできた国の基金。神奈川県では、外部委託の形や、県や市町村が直接雇用する形で使われている。雇用期間は原則1年以内。

  • 雇用創出基金(2014年06月28日 朝刊)

    2008年のリーマン・ショックをきっかけに、国の交付金により各都道府県につくられた。失業者らに「働ける場」をつくるのが目的で、東日本大震災後、被災地向けに大幅に基金額が積み増された。事業として認められると、失業者を雇うための人件費や経費が基金から支給される。国は13年度までに基金に約1兆8千億円を投じ、123万人の雇用を生むとしている。

最新ニュース

なぜいま大阪万博?意義に疑問も 予定地は「負の遺産」(2017/3/27)

 大阪府が誘致を目指す2025年の国際博覧会(万博)について、経済産業省の検討会で報告書案がまとまった。政府は近く立候補を閣議了解する見通しだ。1970年の大阪万博は人々の記憶に残るが、時代は変わり、[続きを読む]

写真

  • 大阪万博の概要案と国内外の歴史
  • 高卒者が自都道府県内の大学に進学した割合
  • タイやティラピア、サンゴなど様々な水槽が並ぶ研究室はミニ水族館のよう。「昆虫を切り口に、養殖漁業を盛り上げていきたい」と語る三浦教授(左)と井戸客員准教授(右)=愛媛県愛南町
  • トランプ予算案の主な増減
  • トランプ予算案の主な増減
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】心拍トレーニングのお供に!

    運動にオススメのイヤホン

  • 【&TRAVEL】全米一住みたい街美食フェス

    世界美食紀行

  • 【&M】春を待つ森の営みを探そう!

    親子で自然に親しむ〈PR〉

  • 【&w】ニュアンスカラーで春らしく

    ファッションニュース

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZA推進法案、努力義務は画期的

    議員数の男女平等は実現するか

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ