メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

雇用創出

関連キーワード

  • 緊急雇用創出事業(2013年11月23日 朝刊)

    2008年のリーマンショック後にもうけられた厚生労働省の失業者対策の制度で、東日本大震災で職を失った人の臨時の雇用対策としても活用された。国の交付金で県が基金をつくって市町村に補助し、雇用を生み出す。行政の事務補助やがれきの片付け、仮設住宅の見回りなど幅広く使われてきた。人件費を含む事業費の全額が国費負担という「使い勝手のよさ」がある。自治体が直接雇用する方法だけでなく、企業やNPO法人に事業を委託することもできる。だが、昨年12月、山田町から委託を受けたNPO法人「大雪りばぁねっと。」=解散=の資金流用問題が発覚。NPO法人のずさんな金の使い方への、町や県のチェックの甘さが浮き彫りとなった。期限は2014年度までだが、厚労省が1年間の制度延長を来年度予算案に概算要求している。

  • 緊急雇用創出事業臨時特例基金(2013年04月28日 朝刊)

    厳しい雇用環境の中で、離職を余儀なくされた非正規労働者や中高年齢者などの失業者に、短期の雇用の機会を創出するためにできた国の基金。神奈川県では、外部委託の形や、県や市町村が直接雇用する形で使われている。雇用期間は原則1年以内。

  • 雇用創出基金(2014年06月28日 朝刊)

    2008年のリーマン・ショックをきっかけに、国の交付金により各都道府県につくられた。失業者らに「働ける場」をつくるのが目的で、東日本大震災後、被災地向けに大幅に基金額が積み増された。事業として認められると、失業者を雇うための人件費や経費が基金から支給される。国は13年度までに基金に約1兆8千億円を投じ、123万人の雇用を生むとしている。

最新ニュース

農林水産業みらい基金 2017年度助成対象事業の決定について(2017/12/11)

2017年12月11日農林水産業みらい基金農林水産業みらい基金 2017年度助成対象事業の決定について本年度の助成対象事業として合計9件・助成総額6億7,636万円を決定 わたくしたち農林水産業みらい…[続きを読む]

写真

  • ネパール下院選の構図
  • 聖火リレーを見に来た男性を取材する池上さん
  • 平昌冬季五輪の聖火リレーは、韓国のフィギュアスケート選手の劉永(ユ・ヨン)さん(中央)が第1走者を務めた=11月1日午後、韓国・仁川、白井伸洋撮影
  • ジンバブエのハラレで24日にあった大統領就任式で場内を行進するムナンガグワ氏(中央)=石原孝撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】飯テロなら任せろ!

    インスタ映えする料理写真

  • 写真

    【&TRAVEL】年1度の飲み&食い倒れ祭り

    ハワイのフードイベント参戦

  • 写真

    【&M】もちもち生地の食感に衝撃!

    下北沢のおいしいイタリアン

  • 写真

    【&w】東信さんがNYTで選出

    今年を象徴するアーティスト

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム最後の長編小説と思っている

    「今度生まれたら小説家に…」

  • 写真

    WEBRONZA苦悩する連合 どこへ行く?

    歴史から考える「これから」

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗、浅草に現る!

    舞台とリンクする浅草の景色

  • 写真

    T JAPANできてしまうカタチを楽しむ

    「しょうぶ学園」のクラフト展

  • 写真

    ハフポスト日本版 2017年に亡くなった方々

    安らかに。

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ