メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

雇用創出

関連キーワード

  • 緊急雇用創出事業(2013年11月23日 朝刊)

    2008年のリーマンショック後にもうけられた厚生労働省の失業者対策の制度で、東日本大震災で職を失った人の臨時の雇用対策としても活用された。国の交付金で県が基金をつくって市町村に補助し、雇用を生み出す。行政の事務補助やがれきの片付け、仮設住宅の見回りなど幅広く使われてきた。人件費を含む事業費の全額が国費負担という「使い勝手のよさ」がある。自治体が直接雇用する方法だけでなく、企業やNPO法人に事業を委託することもできる。だが、昨年12月、山田町から委託を受けたNPO法人「大雪りばぁねっと。」=解散=の資金流用問題が発覚。NPO法人のずさんな金の使い方への、町や県のチェックの甘さが浮き彫りとなった。期限は2014年度までだが、厚労省が1年間の制度延長を来年度予算案に概算要求している。

  • 緊急雇用創出事業臨時特例基金(2013年04月28日 朝刊)

    厳しい雇用環境の中で、離職を余儀なくされた非正規労働者や中高年齢者などの失業者に、短期の雇用の機会を創出するためにできた国の基金。神奈川県では、外部委託の形や、県や市町村が直接雇用する形で使われている。雇用期間は原則1年以内。

  • 雇用創出基金(2014年06月28日 朝刊)

    2008年のリーマン・ショックをきっかけに、国の交付金により各都道府県につくられた。失業者らに「働ける場」をつくるのが目的で、東日本大震災後、被災地向けに大幅に基金額が積み増された。事業として認められると、失業者を雇うための人件費や経費が基金から支給される。国は13年度までに基金に約1兆8千億円を投じ、123万人の雇用を生むとしている。

最新ニュース

鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる土地での九州最大級※1「鹿屋大崎ソーラーヒルズ太陽光発電所」建設について(2017/4/27)

株式会社ガイアパワー(代表取締役:藤崎耕治、以下ガイアパワー)、京セラ株式会社(代表取締役社長:谷本秀夫、以下京セラ)、株式会社九電工(代表取締役社長:西村松次、以下九電工)、東京センチュリー株式会社[続きを読む]

写真

  • 韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する「少女像」
  • 「浜風きらら」に出店する美容室の遠藤俊介店長と妻の沙織さん(左)=いわき市久之浜
  • 円ドル相場と米国対日貿易収支の対GDP比
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】シックなカラーと使いやすさ

    ル・クルーゼの男性向けモデル

  • 【&TRAVEL】プチぜいたく女子会をお得に

    プレ金特別プラン登場〈PR〉

  • 【&M】子ども記者が軸受生産を取材

    ジェイテクト香川工場〈PR〉

  • 【&w】気になるトイレの見えない菌

    清潔に保つ秘けつとは〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム女優のん「コミック感想文」

    80年代のアイテムが楽しい

  • WEBRONZA希望持てる社会を作るために

    エキタス「最低賃金1500円」

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ