メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

電王戦

写真・図版

佐藤名人、将棋ソフトと対戦へ 現役名人として初 (2016/12/11)

将棋の第2期叡王戦(ドワンゴ主催)の決勝三番勝負第2局が11日、東京都港区の迎賓館和風別館で指され、佐藤天彦名人(28)が千田翔太五段(22)に勝ち、対戦成績2勝0敗で優勝を果たした。佐藤名人は来春、「第2期電王戦二番勝負」で将棋ソフトの…[続きを読む]

最新ニュース

アーティストとのコラボレーションによる本格的オリジナル360度・VRライブミュージックビデオ「VROOM(ブイアルーム)」に、バーチャルシンガー「初音ミク」が登場!(2018/1/31)

リリース発行企業:KDDI株式会社「BIGHEAD」最新曲に合わせて初音ミクと近未来の東京をバーチャルトリップ!初音ミクをリアルに感じる世界初“3Dモデル×実写3D空間”VR映像コンテンツ!ハコスコミ…[続きを読む]

関連キーワード

  • 将棋電王戦(2015年03月30日 朝刊)

    2012年の第1回は、すでに引退していた故米長邦雄元名人が敗北。第2回からは5人の棋士と五つのソフトが戦う団体戦形式になった。今回は、21日の第2局でも永瀬拓矢六段(22)が勝利。成れる角をあえて成らずに王手をかける「奇手」にソフトが対応できず、王手を放置して別の手を指し、反則負けとなった。ソフト特有の指し手に対応するため、棋士は対戦するソフトと事前に練習できる。永瀬六段は練習でソフトの欠陥に気づいたという。28日の第3局はソフトが勝った。4月4日、11日にも対局がある。

  • コンピューター対人間の将棋史(2014年03月12日 夕刊)

    取った駒を再使用できる将棋の考えうる局面の数は10の220乗。チェスの10の120乗に比べてはるかに多く、コンピューター対人間では経験値に勝る人間が優位だった。だが2005年、橋本崇載(たかのり)五段(当時)がソフト「TACOS(タコス)」に負けそうになったことなどをきっかけに、日本将棋連盟は所属棋士に許可無くソフトと公開対局することを禁じた。特例として認められた07年には「ボナンザ」が渡辺竜王(同)に善戦。10年には「あから2010」が清水市代女流王将(同)に勝利。こうした流れを受けて電王戦が企画された。

写真

  • 将棋王座の中村太地さん=東京都渋谷区、池永牧子撮影
  • 中村太地さん=池永牧子撮影
  • 囲碁棋士の一力遼八段=東京都千代田区の日本棋院、飯塚晋一撮影
  • アルファ碁と対局する柯潔九段(左)=5月25日
  • 岐阜総局・吉川真布
  • 取材に応じる藤井聡太四段。小学4年の頃から新聞を読んでいる=角野貴之撮影
  • 主な戦法/棋士のタイプ<グラフィック・宮嶋章文>
  • 29連勝を祝う将棋盤のパネルを持つ藤井聡太四段=6月26日、東京都渋谷区の将棋会館、遠藤啓生撮影
  • 1図・△8七銀成まで
  • 1図
  • この日のゲスト講師だった大橋貴洸四段(左)の指導対局を受ける女性たち=24日午後7時30分、大阪市福島区の関西将棋会館、安冨良弘撮影
  • 佐藤天彦名人
  • 佐藤天彦名人
  • 本図  
  • 本図
  • 佐藤天彦名人=6日、堀英治撮影
  • 感想戦をする初防衛した佐藤名人(右)と稲葉八段=6日午後9時7分、甲府市、堀英治撮影

最新ニュース

アーティストとのコラボレーションによる本格的オリジナル360度・VRライブミュージックビデオ「VROOM(ブイアルーム)」に、バーチャルシンガー「初音ミク」が登場!(2018/1/31)

リリース発行企業:KDDI株式会社「BIGHEAD」最新曲に合わせて初音ミクと近未来の東京をバーチャルトリップ!初音ミクをリアルに感じる世界初“3Dモデル×実写3D空間”VR映像コンテンツ!ハコスコミ…[続きを読む]

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ