メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

電磁的記録

関連キーワード

  • 不正指令電磁的記録作成罪(2012年01月27日 朝刊)

    「コンピューターウイルス作成罪」とも呼ばれ、昨年6月の刑法改正で新設された。ウイルスを「意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録」と定義し、正当な理由なく作成すると、3年以下の懲役か50万円以下の罰金となる。以前はウイルス被害に対し、同じ刑法の器物損壊や詐欺罪を適用してきたが、検挙は数件にとどまっていた。

最新ニュース

「ウイルス、小学校から作っていた」 容疑の中3が供述(2017/6/16)

 パソコンにトラブルを生じさせて金銭を要求するウイルス「ランサム(身代金)ウェア」を自作したとして、不正指令電磁的記録作成・保管の疑いで今月5日に逮捕された大阪府高槻市の中学3年の男子生徒が神奈川県警[続きを読む]

電磁的記録をコトバンクで調べる

写真

  • 逮捕された男子生徒が作成したランサムウェアの警告画面
  • 逮捕された男子生徒が作成したランサムウェアの警告画面
  • 今回の逮捕容疑/ランサムウェアの一般的な感染経路
  • ランサムウェアの一般的な感染経路
  • 東京高裁に入る「ろくでなし子」被告(中央)と弁護士ら=13日午後1時半ごろ、東京・霞が関
  • 閣議決定された法案のポイント
  • 準備行為とは
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ