メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

非正規雇用

関連キーワード

  • 若者の雇用対策(2009年07月10日 朝刊)

    04年に労働者派遣法を改正し、派遣業務の職種を拡大した小泉首相。05年郵政総選挙では「フリーター25万人常用雇用化プラン」「正社員への転換制度」など非正規雇用の正社員化を政権公約(マニフェスト)に掲げた。

  • Iターン(2011年09月25日 朝刊)

    都会出身者が地方に移り、定住することを「Iターン」という。出身地に戻ることが「Uターン」で、地方出身者がいったん都会に出たあと別の地方に移住することを「Jターン」と呼ぶ。過疎化に危機感を募らせた地方自治体が、定年退職を迎える団塊の世代を狙いIターン誘致に力を入れ始めた。和歌山県は市町村に相談員をおくなどの取り組みを進め、2006年から今年7月までに410人の移住者を支援した。田舎暮らし希望者の支援をするNPO「ふるさと回帰支援センター」(東京都中央区)によると、Iターンを含む田舎暮らしの相談件数は07年の2151件から、10年には6167件と約3倍。不況や若者の非正規雇用の増大などが背景にあるとみられる。

  • 働く女性(2016年07月07日 朝刊)

    総務省の労働力調査によると、15歳以上の女性で働いている人の割合(就業率)は2015年で48.0%。12年の46.2%から3年続けて上がった。働く女性の中で正社員などの正規雇用は43.7%で、パートやアルバイトなどの非正規雇用が56.3%を占める。正規・非正規の比率は、03年に非正規が50%を超えて逆転してから、差は開く傾向にある。非正規雇用の1345万人のうち、理由が「自分の都合のいい時間に働きたい」という人が354万人、「正規の仕事がない」が158万人にのぼる。

最新ニュース

写真・図版

(新書)竹内正浩著『カラー版 重ね地図で読み解く大名屋敷の謎』ほか(2017/12/17)

 ●竹内正浩著『カラー版 重ね地図で読み解く大名屋敷の謎』 江戸の大名屋敷とは大名の単なる私邸ではなく藩の出先機関、迎賓施設も兼ねて広大だった。明治維新で屋敷が引き払われた跡地はどう活用されたか。東京…[続きを読む]

!

アプリで紙面ビューア-の点滅を設定できるように

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

注目コンテンツ