メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

領土問題

関連キーワード

  • メドベージェフ大統領と北方領土問題(2011年05月10日 朝刊)

    2008年5月に就任したメドベージェフ大統領は「独創的で型にはまらないアプローチ」が必要だとの考えを示した。しかし09年5月に麻生首相が「ロシアによる不法占拠が続いている」と発言したことなどで態度を硬化。日本での政権交代を経て菅政権誕生後の10年11月には、ソ連・ロシアの最高指導者として初めて、北方領土の国後島を訪れた。

  • 北方領土問題(2016年10月04日 朝刊)

    第2次世界大戦末期、ソ連が択捉(えとろふ)島、国後(くなしり)島、色丹(しこたん)島、歯舞(はぼまい)群島の四島を占領。日ソは国交を回復した1956年の日ソ共同宣言で、平和条約締結後に歯舞、色丹二島を日本に引き渡すと明記。その後、ロシアとも交渉が続いたが返還の見通しは立っていない。

  • 北方領土問題と返還運動(2015年02月08日 朝刊)

    第2次世界大戦末期、ソ連が日ソ中立条約を破棄して旧満州や千島列島などに侵攻。北方四島(択捉、国後、色丹の3島と歯舞群島)を占領した。日本側は、法的根拠のない占拠として四島の返還を要求。一方、ソ連から交渉を引き継いだロシア側は、第2次大戦の結果として四島がロシアに移ったとしている。千島歯舞諸島居住者連盟によると、1万7635人いた元島民のうち昨年3月末現在の生存者は6927人。2〜4世は計2万8830人にのぼり、次世代への返還運動の継承が課題となっている。

最新ニュース

写真・図版

首相、「外交力」前面に 米と蜜月、5年の実績アピール 中ロとは進展なし 衆院選(2017/10/18)

 安倍晋三首相は今回の衆院選で、北朝鮮の脅威に立ち向かう「外交力」を前面に打ち出し、政権存続を訴えている。実績の柱として日米同盟強化をアピールするが、第2次政権発足以来、力を注いできたロシアとの領土交…[続きを読む]

写真

  • 「安倍外交」5年と主な外交課題
  • 「天下を取るには狂わねばならぬ」。かつて戯曲「野望と夏草」で平清盛にこう語らせた=小林一茂撮影
  • 三浦瑠麗氏
  • 三浦瑠麗さん
  • お客さんと語らう「北然仁(ぼくねんじん)」の店主・福井富士雄さん=北海道根室市光和町2丁目
  • 安倍政権の最近の主な政策と課題
  • 衆院を解散し、国会を出る安倍晋三首相=28日午後0時39分、国会内、仙波理撮影
  • 東京都議選から衆院解散表明までの流れ
  • 東京都議選から衆院解散表明までの流れ/今後は…
  • 『世界を分断する「壁」』から。(米メキシコ国境の)「プラヤス・デ・ティフアナ。メキシコ人たちはフェンス際までめいっぱいに浜辺を楽しむ(2013年)」 (C)Alexandra Novosseloff
  • オビヤ浦を案内する坂本正一郎さん=唐津市の加唐島
  • 仙谷由人氏
  • 首相当時に主導した尖閣国有化の経緯について語る民進党の野田佳彦氏=東京・永田町、恵原弘太郎撮影
  • モサドの元情報官エリエゼル・ツァフリル氏=8月20日、渡辺丘撮影
  • 安倍首相を取り巻く外交事情
  • 中印国境の地図
  •   
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ