メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 風力発電(2011年07月08日 朝刊)

    太陽光発電と比べ、エネルギーの利用率は2倍超の約25%と高く、建設単価も太陽光の半分の1キロワットあたり約30万円。年間平均風速6メートル以上が必要とされ、大型風車を集中した方が発電効率がよい。

  • 洋上風力発電(2013年10月05日 朝刊)

    地上より風が安定し、騒音などの影響が少なく、大型の風車を設置しやすい。海底に杭を打ち込んで風車を建てる方式が主流だが、遠浅の海にしか作れない。浮上式は深さに縛られずどこにでも作れ、海に囲まれた日本には最適とされる。

  • スマートグリッド(2012年02月24日 夕刊)

    「賢い送電網」の意味で、情報通信技術を使って電力を需要と供給の両面から制御する仕組み。天候によって発電量が変わる太陽光や風力発電の不安定さを補う狙いがある。

最新ニュース

山形)県「骨格」予算案、6067億円に 「特別枠」も(2016/12/3)

 県は2日、2017年度当初予算編成にむけた各部局の要求を公表した。一般会計の総額は6067億円で、16年度当初予算より169億円(2・7%)減。来年1月5日告示の知事選を控え、とりあえず必要な事業を[続きを読む]

写真

  • 原発ゼロを目指す台湾
  • LEDランタンの明かりに、大喜びする子どもたち=タンザニアのダルエスサラーム近郊、デジタルグリッド社提供
  • LEDランタンに、大喜びする子どもたち=タンザニアのダルエスサラーム近郊、デジタルグリッド社提供
  • 南オーストラリア州スノータウン地区にあるトラストパワー社の風力発電施設。140基近いタービンが回る下で、羊が群れていた=郷富佐子撮影
  • 南オーストラリア州スノータウン地区にあるトラストパワー社の風力発電施設。豪州で2番目に大きな規模で、140基近いタービンが回る=郷富佐子撮影
  • 事業の成長ぶりを説明する中国の風力発電設備会社ゴールドウインドのウー・ガン会長=3日、福島市
  • 写真①民家2階の窓に掲げられていた「トランプ」「炭鉱の友人」とのポスター。アパラチア地方を走っていると、トランプ氏を支持するポスターを多く見かける=ケンタッキー州、金成隆一撮影
!

地域面の紙面イメージが一週間分読めるように

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】イヤホン徹底比較、結果は

    MONOQLOコラボ企画

  • 【&TRAVEL】足湯に幻想花火マッピング

    大江戸温泉物語〈PR〉

  • 【&M】岡田結実さんのイケ麺

    「天下一品」のあっさり

  • 【&w】矢野顕子、デビュー40周年

    40年で「オールタイムベスト」

  • ブック・アサヒ・コムボブ・ディラン関連の本

    一筋縄ではいかない「自伝」

  • WEBRONZA歴史的な「死重」を背負って

    朴スキャンダルと韓国の歪み

  • 写真

    ハフポスト日本版 ヴィクトリアズ・シークレット

    世界のトップモデルが美を競う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ