メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

風景画

関連キーワード

  • 林倭衛(2010年01月22日 朝刊)

    長野県上田市生まれ。16歳で東京の印刷会社に勤め、日本水彩画会研究所夜間部に入る。大杉栄と知り合って傾倒。1916(大正5)年二科展に初入選。17年に同展で樗牛賞、18年に「H氏肖像」などの作品で二科賞を受賞し、新進画家として注目される。坂本繁二郎、小出楢重らと渡仏し、セザンヌのアトリエを借りて制作。その後、春陽会で活躍。新文展の審査員などを務めたが、45年の終戦直前に急死する。透明感のある風景画で知られている。

  • 高島北海(2011年11月25日 朝刊)

    山岳風景画で知られる明治〜昭和初期の日本画家。絵は独学で学んだ。明治政府の技術官僚として地質調査や山林行政に20年以上携わり、山岳のスケッチを数多く残した。仏ナンシーの森林高等学校に留学中、植物や曲線を多用した装飾で知られるアールヌーボーの芸術家と交流。50代で本格的に画業で生計を立てるようになった。長門峡の名付け親でもあり、県内各地の名勝の保存・開発に尽力した。

  • バルテュス(2015年05月23日 夕刊)

    本名バルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ。パリに生まれ、母の恋人で詩人のリルケの後押しで絵に傾倒し、26歳で初個展を開いた。抽象画が主流の20世紀に、緊張感のある構図で室内の少女を描いたり、静けさを秘めた風景画を描いたりして独自の絵画を追究した。

最新ニュース

声を思いを、動画に込めて 朝日自分史(2017/4/26)

 新年度が始まり、自分史づくりを始めたいと思っている方も少なくないでしょう。人生を形にする自分史には様々なやり方があります。朝日自分史には本だけでなく、動画をつくるサービスもあります。表情や声をそのま[続きを読む]

風景画をコトバンクで調べる

写真

  • 原光雄さん、清子さん夫妻(奥の2人)の自分史動画の撮影風景=11日、東京・目白、富士巧芸社提供
  • デビッド・ホックニー「Portrait of an Artist(Pool with Two Figures)」(1972年) (C)David Hockney
  • 作品を鑑賞する人たち=長野市箱清水1丁目
  • (C)The Pushkin State Museum of Fine Arts c/o DNPartcom
  • 完成した絵本「鶴彬の生涯」を持つ寺内徹乗さん=かほく市高松
  • 「青い服を着た婦人の肖像」=エルミタージュ美術館蔵(C)The State Hermitage Museum,St Petersburg,2017-18
  • 東海道を描いた版画を眺める来場者=青森市松原2丁目
  • 本格懐石料理さながらの献立が並ぶ「京料理 木乃婦」の「洛中弁当」(5400円・税込み)
  • 宮田みな美展
  • 片渕須直さん
  • ノベルティーをモチーフにした水彩画が飾られた店内=豊橋市大手町
  • 夫・章さんの遺影を前に、スケッチブックの絵を見る桐山貞子さん。「夫がどんな絵を描いていたかよく覚えています」=山口県岩国市
  • 自作の詩について語る岸間早苗さん=東京都練馬区
  • ジミー大西さん=諫山卓弥撮影
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】義母にも母にも!

    センスが光る贈り物を〈PR〉

  • 【&TRAVEL】記念展示やグッズがいっぱい

    スヌーピー博物館1周年

  • 【&M】連載「本音のマイホーム」

    中古住宅探しに必要なもの

  • 【&w】気になるトイレの見えない菌

    清潔に保つ秘けつとは〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム自閉症を描いた漫画に大反響

    「光とともに…」新装版を刊行

  • WEBRONZA性的少数者の環境と自治体

    メディアの変化、LGBT支援策

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ