メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

風景画

関連キーワード

  • 林倭衛(2010年01月22日 朝刊)

    長野県上田市生まれ。16歳で東京の印刷会社に勤め、日本水彩画会研究所夜間部に入る。大杉栄と知り合って傾倒。1916(大正5)年二科展に初入選。17年に同展で樗牛賞、18年に「H氏肖像」などの作品で二科賞を受賞し、新進画家として注目される。坂本繁二郎、小出楢重らと渡仏し、セザンヌのアトリエを借りて制作。その後、春陽会で活躍。新文展の審査員などを務めたが、45年の終戦直前に急死する。透明感のある風景画で知られている。

  • 高島北海(2011年11月25日 朝刊)

    山岳風景画で知られる明治〜昭和初期の日本画家。絵は独学で学んだ。明治政府の技術官僚として地質調査や山林行政に20年以上携わり、山岳のスケッチを数多く残した。仏ナンシーの森林高等学校に留学中、植物や曲線を多用した装飾で知られるアールヌーボーの芸術家と交流。50代で本格的に画業で生計を立てるようになった。長門峡の名付け親でもあり、県内各地の名勝の保存・開発に尽力した。

  • バルテュス(2015年05月23日 夕刊)

    本名バルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ。パリに生まれ、母の恋人で詩人のリルケの後押しで絵に傾倒し、26歳で初個展を開いた。抽象画が主流の20世紀に、緊張感のある構図で室内の少女を描いたり、静けさを秘めた風景画を描いたりして独自の絵画を追究した。

最新ニュース

写真・図版

(プーシキン美術館展)「ブーローニュの森」(2018/6/22)

 ◆「ブーローニュの森」 アンリ・マティス、1902年 室内画や静物画で知られるマティスは、南仏や北アフリカを訪れて風景画も手がけている。1900年代初めにはパリ近郊のこの森を何度も描いた。印象派とは…[続きを読む]

写真

  • 「ブーローニュの森」=(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.
  • 「プーシキン展」の入場者が20万人を超え、セレモニーで記念品を贈られた、右から藤田葵さんと田村夏未紀さん=2018年6月20日午後、上野の東京都美術館
  • 鈴木マサルの傘
  • 「夕暮れ」=(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.
  • 「マームズベリー修道院」=英・ノーフォーク、ノリッジ城博物館アート・ギャラリー蔵 (C)Norfolk Museums Service(Norwich Castle Museum&Art Gallery)
  • 「森のはずれの集い」(部分)=(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.
  • 旅するフランスビスケット
  • ロシア関連グッズコーナー。赤い持ち手がかわいい展覧会オリジナルトートバッグは1900円。Tシャツは3千円
  • ダンス(ロックンロールの七つの芸術)1957年 (C)Salvador Dali, Fundacio Gala-Salvador Dali,JASPAR Tokyo,2018 E3049
  • 競売にかけられたゴッホの作品=ロイター
  • ジャンバティストカミーユ・コロー「夕暮れ」(1860~70年)
  • 酒井進さんと作品。上は「自動連結器」、下は「望郷 中津川機関区」=岐阜県中津川市の中央公民館
  • ターナー 風景の詩(うた)
  • 出版記念パーティーの会場で穏やかな表情を見せる竹熊宜孝さん=3月、熊本県菊池市泗水町
  • 出版記念パーティーの会場で穏やかな表情を見せる竹熊宜孝さん=3月、熊本県菊池市泗水町
  • 横堀角次郎「山麓の沼」(1956年、アーツ前橋蔵)
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】組立式レコードプレーヤー

    超軽量仕様で持ち運びも可能

  • 写真

    【&TRAVEL】世界遺産、最古の山岳鉄道

    ダージリン・ヒマラヤ鉄道

  • 写真

    【&M】N-VANが新たに軽ベースに?

    キャンピングカーで行こう

  • 写真

    【&w】映画でみる愛とファッション

    上間常正@モード

  • 写真

    好書好日読書面の最新書評を掲載

    小説「万引き家族」など紹介

  • 写真

    WEBRONZA女性研究者「優遇」の意義

    活躍を阻む無意識のバイアス

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2018下半期、財運開運占い

    自己改革時代がやってきた!

  • 写真

    T JAPAN最旬、エスパドリーユ8選

    最旬、エスパドリーユ8選

  • 写真

    GLOBE+ママ記者が特派員になったら

    ハノイ支局長日記

  • 写真

    sippo猫がくつろぐ「猫の美術館」

    猫に囲まれ「猫ねこ展」味わう

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ