メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 東日本大震災の農業被害(2011年05月01日 朝刊)

    農林水産省によると、4月27日時点で東北地方を中心に津波で冠水するなど農地の損壊総額は3755億円。水路など農業用施設の損壊総額は3051億円。今後も、被害額が膨らむのは確実とされる。原発事故による農作物への風評被害もおさまっていない。

  • 汚染稲わら問題(2011年12月27日 朝刊)

    県内の飛騨牛農家が購入した被災地の稲わらから、国の基準値を超える放射性セシウムが検出。汚染した稲わらを食べた疑いのある牛の肉が執と流通し、県内にも食への不安が広がった。風評被害を懸念した県は、約7千万円で検査機器を購入し、検査費用の3分の2を負担。国の基準値以下だった肉だけが流通するよう全頭検査を始めた。現在は販売価格もほぼ回復したという。

  • 福島県産花火の打ち上げ中止問題(2012年09月15日 朝刊)

    昨年9月に日進市役所周辺であった花火大会では、震災からの復興を応援しようと福島県川俣町産などの花火を打ち上げる予定だった。しかし、事前に報道されると、放射性物質の拡散を心配する苦情や抗議が相次いだ。地元商工会や市職員有志らでつくる実行委員会が福島県産の花火の打ち上げ中止を決めると、今度は「風評被害を助長する」などの抗議が続いた。市は大会後、検査会社に依頼して問題の花火を調査。微量のセシウムが見つかったが「人体に影響はない」と、1年後の今年に打ち上げることを決めた。

最新ニュース

東電処理水放出、相双でも説明会(2014/09/20)

 ●「実施、年内は無理」 漁協組合長が見通し 東京電力は19日、福島第一原発の建屋周りの放射性物質を含む地下水を浄化して海に流す「サブドレン計画」について、相馬双葉漁協組合員に対する説明会を開いた。1[続きを読む]

PR情報

写真

  •   
  • 講師に熱心に質問するアジアの若手科学ジャーナリストたち=三春町の三春の里田園生活館
  • 被災地の主な地域ブランド
  • 講師に熱心に質問するアジアの若手科学ジャーナリストたち=三春町の三春の里田園生活館
  • 水揚げされたホタテの貝殻を洗う漁師たち=岩手県大船渡市の小石浜漁港、松本龍三郎撮影
  • 千葉市健康部が市内感染が疑われる患者の発生を発表した。詳しい地域などは公表されていない=千葉市役所
  • デング熱患者が蚊に刺された場所
  • デング熱の感染拡大を受けて閉鎖された新宿御苑=東京都新宿区、伊東和貴撮影
  • 福島映像祭で上映される作品「僕と親父の農業」の一場面=(C)KFB  
  • 「断固反対」「白紙撤回」のプラカードを掲げながら「処分場反対」を三唱する参加者=いずれも塩谷町の塩谷中学校
  • 中間貯蔵施設の完成イメージ
  • 観光危機管理対策のイメージ
  • 大熊・双葉両町の帰還困難区域
  • 大熊・双葉両町の帰還困難区域

注目コンテンツ

  • ショッピングスマホが高性能レコーダーに

    リニアPCM録音のすすめ

  • ブック・アサヒ・コム声よりもちかくならぶきみ

    文月悠光さんと読む本

  • 【&M】映画初主演の高橋愛さん

    だから女優ってやめられない

  • 【&w】自分の体か、赤ちゃんの命か

    花のない花屋

  • Astand「アナと雪の女王」大ヒット

    日本アニメの将来は?

  • 写真

    ハフポスト日本版 東京ゲームショウ2014開幕

    戦艦大和を疑似体験できるゲームが人気【画像150枚】

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報