メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 風評被害と東電賠償(2015年03月12日 朝刊)

    原子力損害賠償紛争審査会は、風評被害で売り上げが落ちたぶんの損害賠償について、買い控えの具体的な発生状況などを踏まえ、個々の事情に応じて合理的に判定する、と指針を示している。県内では、2013年秋に東京電力が約20の事業者に損害賠償の打ち切り通知を送ったことが明らかになった。その後に打ち切られた件数について、東電茨城支店は「公表していない」と説明。賠償については、「被害に遭った方の状況を確認しながら進めさせていただいている」としている。

  • 東日本大震災の農業被害(2011年05月01日 朝刊)

    農林水産省によると、4月27日時点で東北地方を中心に津波で冠水するなど農地の損壊総額は3755億円。水路など農業用施設の損壊総額は3051億円。今後も、被害額が膨らむのは確実とされる。原発事故による農作物への風評被害もおさまっていない。

  • 汚染稲わら問題(2011年12月27日 朝刊)

    県内の飛騨牛農家が購入した被災地の稲わらから、国の基準値を超える放射性セシウムが検出。汚染した稲わらを食べた疑いのある牛の肉が執と流通し、県内にも食への不安が広がった。風評被害を懸念した県は、約7千万円で検査機器を購入し、検査費用の3分の2を負担。国の基準値以下だった肉だけが流通するよう全頭検査を始めた。現在は販売価格もほぼ回復したという。

最新ニュース

一般社団法人ふくしまチャレンジはじめっぺ設立記念シンポジウムならびに、特別支援会員企業への感謝状贈呈式のご案内(2015/05/29)

「一般社団法人ふくしまチャレンジはじめっぺ(代表理事:加藤博敏)」は、福島県と連携して、民間企業・団体の協力を得ながら、福島復興のための取組みである「ふくしまから はじめよう。未来づくりはじめっぺ」を[続きを読む]

PR情報

写真

  • ショーでジャンプを披露するイルカたち=新潟市中央区の市水族館マリンピア日本海
  • 県内のキウイ栽培面積
  • 一足先に東北工場に戻り準備作業にあたる木賊さん(右)と川又さん。「工場を再開することで地元を元気にしたい」と話す=田村市常葉町常葉
  • 仙台市の観光客数の推移
  • 大涌谷で想定される火山活動=大場研究室提供
  • イチゴの収穫体験をする女子学生=福島市
  • 草千里ケ浜から中岳火口(後方中央)を見物する観光客=阿蘇市永草
  • 首相夫人の安倍昭恵さんを案内した高田駿佑さん(右)=いわき市
  • 会場はお目当てのスイーツを探す人たちでにぎわった=県庁
  • 駆除されたガンガゼを食べに集まる魚たち
  • 店に「九年連続金賞受賞」の貼り紙をする「豊国酒造」の矢内賢征さん=古殿町
  • 雨上がりの水田で今季の田植えを始めた高ライスセンターの従業員ら=南相馬市原町区押釜

注目コンテンツ