メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 風評被害と東電賠償(2015年03月12日 朝刊)

    原子力損害賠償紛争審査会は、風評被害で売り上げが落ちたぶんの損害賠償について、買い控えの具体的な発生状況などを踏まえ、個々の事情に応じて合理的に判定する、と指針を示している。県内では、2013年秋に東京電力が約20の事業者に損害賠償の打ち切り通知を送ったことが明らかになった。その後に打ち切られた件数について、東電茨城支店は「公表していない」と説明。賠償については、「被害に遭った方の状況を確認しながら進めさせていただいている」としている。

  • 東日本大震災の農業被害(2011年05月01日 朝刊)

    農林水産省によると、4月27日時点で東北地方を中心に津波で冠水するなど農地の損壊総額は3755億円。水路など農業用施設の損壊総額は3051億円。今後も、被害額が膨らむのは確実とされる。原発事故による農作物への風評被害もおさまっていない。

  • 汚染稲わら問題(2011年12月27日 朝刊)

    県内の飛騨牛農家が購入した被災地の稲わらから、国の基準値を超える放射性セシウムが検出。汚染した稲わらを食べた疑いのある牛の肉が執と流通し、県内にも食への不安が広がった。風評被害を懸念した県は、約7千万円で検査機器を購入し、検査費用の3分の2を負担。国の基準値以下だった肉だけが流通するよう全頭検査を始めた。現在は販売価格もほぼ回復したという。

最新ニュース

(学びを語る)放射線教育 怖がりすぎず、判断する知識を 田中隆一さん(2017/4/24)

 東京電力福島第一原発事故から6年がたったが、福島県の一部ではいまだに避難指示が続く。難しそうで怖いイメージがある放射線。その教育に、どう向き合えばいいのだろうか。 ■放射線教育フォーラム事務局長・田[続きを読む]

写真

  • 田中隆一さん
  • ツイッターによるデマ拡散パターン(1)/ツイッターによるデマ拡散パターン(2)/ツイッターによるデマ拡散パターン(3)/災害とデマの歴史<グラフィック・米澤章憲>
  • 自宅で吉良清一村長(左)に進言する木之内さん=熊本県南阿蘇村
  • 県産キャベツが並べられた青果売り場=福島市南矢野目のイオン福島店
  • 今村復興相の主な発言
  • 今村復興相の主な発言
  • 決起集会には約200人が参加した=長崎市平野町
  • 舞台「U235の少年たち」の稽古をする福島県の高校生ら=福島県須賀川市
  • 21日の出発式では、県漁協の職員がキッチンカーで調理したカキ汁や蒸しホヤを振る舞った=県庁
  • 記者会見する弁護団。中央は鈴木克昌弁護団長=17日、前橋市、遠藤啓生撮影
  • 判決を受け、原告団の集会で悔しさをにじませる松田健宏さん=17日午後4時49分、前橋市、遠藤啓生撮影
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】データの持ち歩きも安心!

    高速&頑丈な安心ドライブ

  • 【&TRAVEL】10万円台からの新クルーズ

    南の島々を巡る船旅〈PR〉

  • 【&M】京大卒“元ニート“の生き方

    phaさんインタビュー

  • 【&w】パリのカフェ猫案内

    フォトギャラリー

  • ブック・アサヒ・コム女優のん「コミック感想文」

    80年代のアイテムが楽しい

  • WEBRONZA宇宙飛行士ただいま訓練中

    油井亀美也さんがリポート

  • 写真

    ハフポスト日本版 外国人が撮った江戸の人々

    西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ