メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 風評被害と東電賠償(2015年03月12日 朝刊)

    原子力損害賠償紛争審査会は、風評被害で売り上げが落ちたぶんの損害賠償について、買い控えの具体的な発生状況などを踏まえ、個々の事情に応じて合理的に判定する、と指針を示している。県内では、2013年秋に東京電力が約20の事業者に損害賠償の打ち切り通知を送ったことが明らかになった。その後に打ち切られた件数について、東電茨城支店は「公表していない」と説明。賠償については、「被害に遭った方の状況を確認しながら進めさせていただいている」としている。

  • 東日本大震災の農業被害(2011年05月01日 朝刊)

    農林水産省によると、4月27日時点で東北地方を中心に津波で冠水するなど農地の損壊総額は3755億円。水路など農業用施設の損壊総額は3051億円。今後も、被害額が膨らむのは確実とされる。原発事故による農作物への風評被害もおさまっていない。

  • 汚染稲わら問題(2011年12月27日 朝刊)

    県内の飛騨牛農家が購入した被災地の稲わらから、国の基準値を超える放射性セシウムが検出。汚染した稲わらを食べた疑いのある牛の肉が執と流通し、県内にも食への不安が広がった。風評被害を懸念した県は、約7千万円で検査機器を購入し、検査費用の3分の2を負担。国の基準値以下だった肉だけが流通するよう全頭検査を始めた。現在は販売価格もほぼ回復したという。

最新ニュース

群馬)キノコ検査費用で原発ADR申し立て(2016/08/26)

 県は25日、東京電力福島第一原発事故で発生したキノコ類の放射性物質検査費用として、約90万円分を「原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)」へ和解仲介を申し立てたと発表した。キノコに関する県の申[続きを読む]

写真

  • 「黒の風」に込めた古里への思いを説明する深谷滉さん=郡山市駅前2丁目
  • 検査のためホタテを養殖カゴから取り出す県産業技術センターの高坂祐樹・研究管理員(左)。県が試験的にこの時期の検査にも乗り出した=5月30日、野辺地港沖
  • 標高650m、南阿蘇の高原にたつホテルグリーンピア南阿蘇
  • 除本理史・大阪市立大学教授
  • 「ど素人でも奇跡を起こせるんです。今は福島を応援するために全体重をかけてます」=東京・六本木、浅野哲司撮影
  • ゆるキャラグランプリへの参戦を表明するがんばくん(左)とらんばちゃん=長崎市江戸町の県庁

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】癒やしの猫もぐらたたき

    保護猫カフェで猫助け

  • 【&TRAVEL】町家に暮らし、町家に帰る

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 【&M】標高8千メートルのお茶会

    三浦雄一郎さんの別腹

  • 【&w】オサムグッズ40周年

    原田治さん展覧会

  • ブック・アサヒ・コム水無田気流が相談に回答

    「長男に彼女ができた…」

  • WEBRONZA香取慎吾、勤労少年の悲しさ

    ミニカーで遊ぶ頃から働く人生

  • 写真

    ハフポスト日本版 橋本マナミ画像集

    人々を虜にするその魅力

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ