メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 東日本大震災の農業被害(2011年05月01日 朝刊)

    農林水産省によると、4月27日時点で東北地方を中心に津波で冠水するなど農地の損壊総額は3755億円。水路など農業用施設の損壊総額は3051億円。今後も、被害額が膨らむのは確実とされる。原発事故による農作物への風評被害もおさまっていない。

  • 汚染稲わら問題(2011年12月27日 朝刊)

    県内の飛騨牛農家が購入した被災地の稲わらから、国の基準値を超える放射性セシウムが検出。汚染した稲わらを食べた疑いのある牛の肉が執と流通し、県内にも食への不安が広がった。風評被害を懸念した県は、約7千万円で検査機器を購入し、検査費用の3分の2を負担。国の基準値以下だった肉だけが流通するよう全頭検査を始めた。現在は販売価格もほぼ回復したという。

  • 福島県産花火の打ち上げ中止問題(2012年09月15日 朝刊)

    昨年9月に日進市役所周辺であった花火大会では、震災からの復興を応援しようと福島県川俣町産などの花火を打ち上げる予定だった。しかし、事前に報道されると、放射性物質の拡散を心配する苦情や抗議が相次いだ。地元商工会や市職員有志らでつくる実行委員会が福島県産の花火の打ち上げ中止を決めると、今度は「風評被害を助長する」などの抗議が続いた。市は大会後、検査会社に依頼して問題の花火を調査。微量のセシウムが見つかったが「人体に影響はない」と、1年後の今年に打ち上げることを決めた。

最新ニュース

収穫されたソバの実を乾燥させ、袋詰めにする作業が続く=川内村上川内

川内産の新そば 祭典間に合わず(2014/10/23)

 県内有数のソバ産地の川内村で26日に開催される「そばフェスタ」で、肝心の地元産の新そばが食べられないことがわかった。村に避難指示区域があるため、県の規定で、より厳しい放射性物質の検査基準が適用され、[続きを読む]

PR情報

写真

  • 収穫されたソバの実を乾燥させ、袋詰めにする作業が続く=川内村上川内
  • 産地再生を誓う若手シイタケ生産者=盛岡市
  • 浪江町で捕獲されたイノシシ=環境省提供
  • 大鍋に作った自慢のアンコウ鍋を振る舞う青森県風間浦村の参加者=北茨城市
  • おやきづくりを体験する家族=大子町槙野地
  • 高山祭ののぼり旗がたなびくJR高山駅前=高山市
  • 特定秘密保護法などについての報告を熱心に聞く参加者=25日、松江市
  • ブレイクの心境を明かした日本エレキテル連合(左から)中野聡子、橋本小雪 (C)ORICON NewS inc.
  • 県有種雄牛「隆娘」=県提供
  • 川端政子さん。模造紙が入った箱をかかえ、リュックを背負う。そして、各地をまわる
  • 納涼祭があった8月末、商店街の一角にあるウスヤ肉店はからあげを求める人でにぎわった=大洗町磯浜町

注目コンテンツ

  • ショッピング寒い日は外出先から暖房ON

    スマホでヒーターを遠隔操作

  • ブック・アサヒ・コム親子で一緒に笑える絵本

    スピード感とノリで笑わせよう

  • 【&M】拝見!モデルルーム

    要塞都市のようなたたずまい

  • 【&w】カルティエの世界を幻想的に

    ショートムービーが公開

  • Astand壮絶で美しいガチンコ勝負

    宝塚歌劇運動会の詳細レポート

  • 写真

    ハフポスト日本版 神風特攻隊

    初めての出撃から70年

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報