メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

首長国

関連キーワード

  • 東京スカイツリーと誘致の経緯(2008年07月01日 朝刊)

    計画では地上610メートルで、現在世界一高いカナダ・トロントのCNタワー(553メートル)を上回る。ただ、建設中のドバイ(アラブ首長国連邦)の高層ビルが完成時には世界一になる見通し。地上デジタル用の電波を発信するため、高層ビルなどの障害を受けない600メートル級のタワーが必要と放送事業者は説明する。建設費など初期投資額は約600億円。墨田区の山崎昇区長が04年11月に誘致を表明。用地を所有する東武鉄道が事業主体となり、さいたま市などとの誘致合戦の末に選ばれた。07年12月にはNHKと五つの在京民放テレビ局と東武鉄道が利用予約契約を締結。08年6月、名称が東京スカイツリーに決まった。11年12月に完成し、12年春に開業予定。

  • UAEの経済とドバイ(2009年02月24日 朝刊)

    UAEの国内総生産(GDP、07年)は7300億ディルハム(1987億ドル)。ガルフニュースによると、マンスーリ経済相は「71年の65億ディルハムから112倍になった」と語ったという。7首長国のGDPの割合は、アブダビが55%に対して、ドバイが31%を占める。GDPの3割強は原油輸出で、その9割はアブダビにある。ドバイは早くから多角的な脱石油化政策をとり、自由貿易ゾーンの設置や外国企業への優遇措置などで外国企業を誘致し、国際的な金融、不動産、観光、運輸、情報の拠点として発展してきた。

  • 世界のコメ取引(2011年05月23日 朝刊)

    国連食糧農業機関(FAO)によると、2008年の精米輸入国の第1位はフィリピン(約250万トン)。アラブ首長国連邦(UAE)、イラン、サウジアラビア、マレーシアが続く。輸出国1位はタイ(約860万トン)。ベトナム、パキスタン、インド、米国と続く。近年はカンボジアやミャンマー(ビルマ)も主要輸出国入りを目指す。

最新ニュース

写真・図版

世界は、もう遠くない バドミントン「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017」きょう開幕(2017/9/19)

 バドミントンの「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017」が19日、東京都渋谷区の東京体育館で開幕する。同オープンは世界最高峰のスーパーシリーズ(SS)12戦のうち国内で行われる唯一の大会だ。3…[続きを読む]

写真

  • 世界選手権で金メダルを獲得した奥原希望=AP
  • 第1回「日アラブ政治対話」を終え、共同記者会見に臨む河野太郎外相(右)、議長のメサヘル・アルジェリア外相(中)、アブルゲイト・アラブ連盟事務総長(左)=12日、カイロのアラブ連盟本部
  • 日本を破ってW杯出場を決め、喜ぶサウジアラビアと肩を落とす日本
  • 乗客はヘッドマウントディスプレーやヘッドホンを装着する。映像や音に加え、実際に短いレール上をコースターが走る
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ