メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

駐車禁止

関連キーワード

  • 駐車禁止除外標章(2016年04月05日 夕刊)

    大阪府の場合、下肢不自由(1〜4級)や聴覚障害(2、3級)、重度の知的障害などがある人が運転したり同乗したりしている車に掲げれば、標識などで駐車が禁止されている場所で規制対象から除外される。府警によると、本人や家族が警察署に身体障害者手帳などを持参して申請する。期限は3年間。警察庁によると全都道府県に同様の制度があり、2014年末で55万5046枚が交付されている。

  • 放置違反金制度(2012年03月03日 朝刊)

    駐車違反をした翌日から30日以内に運転手が反則金を支払わなかった場合、車検証に記された使用者(所有者)に反則金と同額の違反金の支払いが命じられる。普通車の場合、駐停車禁止場所で1万8千円、駐車禁止場所で1万5千円。所有者は、違反した日から過去半年以内に違反金の支払いを命じられた回数などに応じ、乗用車なら最大で2カ月間、使用が禁じられる。

最新ニュース

写真・図版

違法駐車が心配 免許試験場、駐車場一時閉鎖へ 名古屋(2017/12/5)

 名古屋市天白区の平針運転免許試験場(愛知県警察運転免許試験場)の建て替え工事に伴い、駐車場が来年1月から約3年間、閉鎖されることになった。免許更新目的で多くの人が訪れるが、最寄り駅から距離があり、車…[続きを読む]

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ