メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

高レベル放射性廃棄物

関連キーワード

  • 高レベル放射性廃棄物(2016年01月27日 朝刊)

    原発で使われた核燃料(使用済み核燃料)を再処理して出る廃液で、日本ではガラスで固めて金属容器に入れた「ガラス固化体」(高さ約1.3メートル、重さ約500キロ)にして処分する。これまで国内で使われた核燃料をすべて再処理すると、約2万5千本に相当する。再処理された一部が青森県六ケ所村と茨城県東海村の再処理施設で貯蔵保管されている。

  • 高レベル放射性廃棄物の最終処分場(2015年06月02日 朝刊)

    原発の使用済み核燃料からウランなどを取り出して出る廃液をガラス原料とともに固めたもので、最終処分場は地下300メートルより深い岩盤につくる。電力会社などが出資する原子力発電環境整備機構が、2002年から調査受け入れの自治体を公募したが決まらず、5月22日、政府が有望地を提示して自治体に申し入れる方式に転換することを閣議決定した。

  • 高レベル放射性廃棄物処分場の調査(2010年11月12日 朝刊)

    処分場は調査開始から閉鎖まで100年がかりの事業といわれる。調査は3段階に分かれ、既存の論文などを調べる「文献調査」、現地でボーリングなどをする「概要調査」、さらに詳しく地下の様子をみる「精密調査」を経て決める。各段階で市町村長と知事の意見を聞く。国の計画では平成20年代中ごろ(2013年前後)までに概要調査を終え、平成40年代後半に操業開始する。*「アスパラクラブ」(http://aspara.asahi.com)の「aサロン・科学面にようこそ」にもトップ記事を掲載しています。

最新ニュース

「幌延の窓」から見える地下350メートルの堆積(たいせき)岩の地層=北海道幌延町、白井伸洋撮影

(Photo Story)処分地、決まらぬまま(2016/07/08)

 人里離れた北海道幌延町の地下350メートル。コンクリートの地下坑道の壁がくりぬかれ、約500万年前の地層が一枚の油彩画のように浮かび上がっていた。縦75センチ、横105センチ。「幌延の窓」と呼ばれる[続きを読む]

高レベル放射性廃棄物をコトバンクで調べる

写真

  • 「幌延の窓」から見える地下350メートルの堆積(たいせき)岩の地層=北海道幌延町、白井伸洋撮影
  • JR川内駅の東口にある会議施設の建設予定地=鹿児島県薩摩川内市
  • 昨年3月に廃炉が決まった島根原発1号機(右手前)。左が2号機、中央奥が3号機=松江市鹿島町
  • 5年間の変遷/全国の原発の現状/5年で何が変わった?/発電電力量に占める原子力発電の推移
  • 防災訓練で、道路上の障害物に見立てたタイヤを移動させて走路を確保するホイールローダー=六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場
  • 都道府県の4割が最終処分場の受け入れを拒否している
  • 都道府県の4割が最終処分場の受け入れを拒否している
  • インタビューに応じる伊藤祐一郎知事=県庁の知事室
  • 中村時広知事=愛媛県庁

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ポップな手染め麻の絵ふきん

    「日本代表」いい仕事品

  • 【&TRAVEL】食&スパで極楽プーケット旅

    「世界美食紀行」タイ編

  • 【&M】京都・ぎをん「浜作」の逸品

    ご飯が進む「ちりめん山椒」

  • 【&w】夏の原風景、『金魚ノ歌』

    ほんやのほん

  • ブック・アサヒ・コム川上弘美の小さな世界

    掌編集「このあたりの人たち」

  • WEBRONZAヘリマネは現代の「徳政令」

    政府が自らの債務棒引き→救済

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ