メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高レベル放射性廃棄物

関連キーワード

  • 高レベル放射性廃棄物(2014年09月25日 朝刊)

    国内では使用済み核燃料を再処理して固めた「ガラス固化体」を指す。高さ1・3メートル程度の円筒形で、青森県六ケ所村や茨城県東海村、海外で保管されている。報告書案は、使用済み燃料も含めて暫定保管の対象としている。最終処分場の調査開始から坑道の閉鎖までは約100年。調査地の公募には07年、高知県東洋町が手を挙げたが、住民の反対などで撤回した。

  • 高レベル放射性廃棄物の最終処分場(2009年03月15日 朝刊)

    原発の使用済み核燃料からウランなどを再処理工場で取り出すと、放射能レベルの高い廃液が出る。いわば「原発のごみ」で、これをガラス原料と一緒に固めたものが高レベル放射性廃棄物。最終処分場は地下300メートルより深い地中の岩盤に建設する。慎重な地質調査が必要なため、候補地応募から操業まで30年以上かかる。

  • 高レベル放射性廃棄物処分場の調査(2010年11月12日 朝刊)

    処分場は調査開始から閉鎖まで100年がかりの事業といわれる。調査は3段階に分かれ、既存の論文などを調べる「文献調査」、現地でボーリングなどをする「概要調査」、さらに詳しく地下の様子をみる「精密調査」を経て決める。各段階で市町村長と知事の意見を聞く。国の計画では平成20年代中ごろ(2013年前後)までに概要調査を終え、平成40年代後半に操業開始する。*「アスパラクラブ」(http://aspara.asahi.com)の「aサロン・科学面にようこそ」にもトップ記事を掲載しています。

最新ニュース

核処分場で「対話の場」 経産省作業部会(2015/01/21)

 原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場をめぐり経済産業省の作業部会は20日、立地調査の前段階で、幅広い立場の住民が意見を交わす継続的な「対話の場」を設ける方針を了承した。国が有望地の調査を地域[続きを読む]

高レベル放射性廃棄物をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 電熱ヒーターのスイッチを入れる清水所長。円形の壁の奥に、高レベル放射性廃棄物の模擬容器が埋め込まれている=幌延町
  • 政権2年で「原発回帰」は大きく進んだ
  • 処分場選びの手続き/高レベル放射性廃棄物の処分の流れ
  • 廃炉作業が進む浜岡原発1号機=御前崎市
  • 核燃料サイクル
  • 日本原燃の再処理工場と関連施設=青森県六ケ所村、朝日新聞社機から
  • 日本原燃の再処理工場と関連施設=青森県六ケ所村、朝日新聞社機から
  • 高レベル放射性廃棄物処分施設のイメージ/最終処分場選びの手続き
  • 高レベル放射性廃棄物処分施設のイメージと最終処分場選びの手続き
  • 原子力発電環境整備機構が奈良市で9月に開いたシンポジウム「地層処分を考える」
  • 高レベル放射性廃棄物の暫定保管のイメージ

注目コンテンツ

  • ショッピング永遠に書ける夢のペン

    インク無し、トリックも無し

  • ブック・アサヒ・コム世界で最も美しい本

    東京・文京区に勢ぞろい

  • 【&M】イチロー、新天地での立場

    古内義明のメジャー見聞録

  • 【&w】超人気デザイナーの頭の中

    佐藤オオキインタビュー

  • Astand「イスラム国」の出現は当然

    「紛争屋」が語るテロとの戦い

  • 写真

    ハフポスト日本版 「俺たちの青春」は今

    今も輝き続けるスターたち

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報