メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

高浜原発

関電の判断は

【動画】2016年1月29日夕に再稼働すると発表された関西電力高浜原発3号機=長野真撮影

地元自治体の対応は

写真・図版

福井)知事は了承、高浜町長は歓迎 高浜3、4再稼働(2017/4/26)

関西電力高浜原発3、4号機の再稼働について、西川一誠知事は25日、県庁を訪れた関電の岩根茂樹社長から工程の報告を受けた。面談終了後の報道陣の取材に、知事は「運転開始の手続きをとっていただく」と述べ、……[続きを読む]

高浜原発30キロ圏内

地図検索サービスについて

揺れる司法判断

「原発・エネルギー」特集ページ

原発・エネルギー

核といのちを考える

チェルノブイリ

GLOBE

  • 国境を越える電力

    国境を越える電力

    これまで黒衣だった送電網が電力の新たな時代を切り開き始めた。人々の暮らしだけでなく国と国の関係すら変えようとしている。(2017/3/5)

  • 原発揺れる世界

    森の活かし方

    福島第一原発の事故をきっかけに、原発への不安が世界に広がっている。原子力政策はどうなるのか。各国の動きを追った。(2011/4/17)

関連キーワード

  • 高浜原発(2017年05月18日 朝刊)

    4基で計339.2万キロワットを出力。関電社員約500人と、定期検査中約2500人(運転中約1500人)の協力会社の従業員が働く。1974年の1号機から順次運転を始めた。再稼働した4号機には、一部にウランとプルトニウムの混合酸化物(MOX)燃料が搬入されている。

  • 高浜原発3、4号機(2016年03月10日 朝刊)

    東京電力福島第一原発とは異なる加圧水型炉(PWR)で、ともに87万キロワット。1985年に運転を開始した。2011年3月の東日本大震災発生後、3号機は12年2月、4号機は11年7月から定期検査のため運転を停止。15年4月、福井地裁の運転差し止め仮処分決定で2基は動かせなくなった。同年12月には関電が申し立てた保全異議が認められ、決定が取り消された。2基は今年1、2月にそれぞれ再稼働。4号機は2月末、変圧器の保護機器のトラブルのため緊急停止し、冷温停止の状態に戻している。

最新ニュース

写真・図版

(e潮流)原発政策、議論の好機 竹内敬二(2017/10/17)

 「何があっても変わらない」とされてきた日本の原発政策。今回の衆院選では、それを変える議論を始めたい。 選挙戦では、おもな政党が原発への姿勢を示している。 自民党は原発を「ベースロード(基幹)電源」と…[続きを読む]

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ