メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

高速増殖原型炉もんじゅ

関連キーワード

  • 高速増殖原型炉もんじゅ(2011年11月21日 朝刊)

    ウランをプルトニウムに変え、燃料を増やす原子炉。福井県敦賀市にあり、1995年にナトリウム漏れ事故を起こした。現在は停止中。開発には1兆円以上がつぎ込まれたが、実用化のめどは立っていない。

  • 制御棒抜き再起動(2010年05月06日 夕刊)

    原子炉内の核分裂を抑えたり進めたりする役割を果たすのが、燃料の間を抜き差しする制御棒だ。高速増殖原型炉もんじゅの場合、制御棒は長さ約4・4メートルのステンレス製で計19本。この制御棒を抜けば、原子炉の運転が始まる。ただ、もんじゅの原子炉は14年余りも動かしておらず、制御棒を動かした影響で核分裂がどの程度進むのか、正確には分からない。このため、今後約2週間は通常運転(定格出力28万キロワット)の0・03%程度という低い出力を保ちながら、制御棒の利き具合を確かめるという。

最新ニュース

もんじゅ報告書を決定 文科省の有識者検討会(2016/05/28)

 原子力規制委員会の勧告を受け、停止中の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)のあり方を検討してきた文部科学省の有識者検討会は27日の最終会合で、新運営主体の要件を盛り込んだ報告書を決めた。 要件[続きを読む]

写真

  • もんじゅ勧告の流れ
  • もんじゅ勧告の流れ
  • 高速増殖原型炉「もんじゅ」=福井県敦賀市、朝日新聞社ヘリから、上田潤撮影
  • 『脱原発の哲学』 
  • 講演する諏訪哲史さん=16日、名古屋市中区、吉本美奈子撮影
  • プルトニウムなどを運ぶとみられる輸送船=3月22日、茨城県東海村、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
  • 科学社説担当・大牟田透
!

PC版トップページ変更、「ライフ」ジャンル新設のお知らせ(5/18)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】やめられない、止まらない

    チタン耳かきで至福の時間を

  • 【&TRAVEL】伊勢志摩、心のふるさと

    あふれる自然、いざ参ろう<PR>

  • 【&M】結婚直後の恋愛モノはご法度

    芸能TVウォッチ

  • 【&w】ウルトラライト派御用達の傘

    山道具日記

  • ブック・アサヒ・コム荻上チキが相談に答える

    「仕事がうまくいきません」

  • WEBRONZA法案は不登校児の権利侵害?

    フリースクール業界でも賛否

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドル

    伝説の美少女たちは今

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ