メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • アジア開発銀行(2013年10月30日 夕刊)

    途上国の貧困削減を支援するため67カ国・地域が加盟する国際開発金融機関。本部はマニラ。歴代総裁は日本人で前総裁は日銀総裁の黒田東彦氏。

  • 量的・質的金融緩和(2015年12月02日 朝刊)

    黒田東彦総裁率いる日本銀行が13年4月に導入した。「黒田バズーカ砲」とも呼ばれている。2年程度で物価上昇率を2%にしてデフレから抜け出すため、市場に流し込むお金の量を増やしている。ただ、2年以上たったいまも、当初の目標は達成できていない。

  • G30(The Group of Thirty)(2015年12月09日 朝刊)

    1978年設立。中央銀行の幹部経験者、学者など30人の個人で構成される。現在のG30代表は前ECB総裁のトリシェ氏。フランケル氏や元FRB議長のボルカー氏も代表を経験した。日本人のメンバーは黒田東彦日銀総裁、白川方明前総裁の2人。経済や金融問題について討議を行い、随時、政策提言を行っている。10月の報告書では、経済の複雑性や政策がもたらす効果の不確実性を指摘、当局者に謙虚さを求めている。

最新ニュース

日銀の政策変更後、国債利回りはさらに下がった

日銀新政策、市場は様子見 金融緩和、量より金利重視1週間(2016/9/29)

 日本銀行が金融政策の枠組みを変えて1週間。市場に大量のお金を流す方法から金利操作に軸足を移したが、どのような操作方針かはまだ不明確で、金利は不安定な動きが続く。日銀は政策検証で従来の緩和策の効果も強[続きを読む]

黒田東彦をコトバンクで調べる

写真

  • 日銀の政策変更後、国債利回りはさらに下がった
  • 講演する黒田総裁=大阪市
  • 関西の経済団体との懇談会で講演する日銀の黒田東彦総裁=26日、大阪市
  • 記者会見する日銀の黒田東彦総裁=21日午後、東京都中央区、角野貴之撮影
  • 日銀の「黒田緩和」から3年半がたった/黒田緩和3年半で経済はこう変わった
  • 日本銀行の金融緩和政策のねらいと現実
  • 記者会見する日銀の黒田東彦総裁=21日午後、東京都中央区、角野貴之撮影
  • 日本銀行の金融緩和政策のねらいと現実
!

シンプルコースの読み放題は12月14日まで

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】AFも操作系もパワーアップ

    進化したキヤノンのミラーレス

  • 【&TRAVEL】京の台所でこだわりの逸品

    年の瀬、ゆるり散歩

  • 【&M】女優たちが素顔をさらけ出す

    ピレリ・カレンダー2017

  • 【&w】今、自分の声を鍛えはじめた

    Charaデビュー25年

  • ブック・アサヒ・コム作家・三浦しをんが共感

    女子高校生「父が嫌いです」

  • WEBRONZA小泉進次郎、初めて「挫折」

    農協改革に挑んだ闘いの内幕

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃

    あの日を写真で振り返る

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ