メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

GDP

関連キーワード

  • 国内総生産(GDP(2015年01月13日 朝刊)

    一定期間に国内でモノやサービスがどれだけつくられ、どれだけもうけたかを示しており、いわば日本経済の規模を表す。日本は年間500兆円前後あり、米国、中国に続いて世界で3番目の規模がある。個人消費が約6割を占めるほか、企業が工場などをつくる設備投資、政府などによる公共投資、海外への輸出などで構成される。物価変動の影響をのぞく「実質」と、物価の影響も含めた「名目」がある。

  • 中国の国内総生産(GDP(2013年01月19日 朝刊)

    18日発表された2012年の伸び率は7.8%で、アジア金融危機の影響を受けた1999年(7.6%)以来、13年ぶりに8%を下回った。「バブル退治」の金融引き締めと長引く欧州債務(借金)危機で内外の需要が減ったことが響いた。中国政府は景気を下支えするため、11年末から金融緩和に転じ、12年夏からは公共事業も増やした。この結果、四半期ベースでは12年10〜12月期の伸び率が7.9%と、前の四半期(7〜9月期)の7.4%を上回り、約2年ぶりに反転した。

  • 12年7〜9月期のGDP(2012年11月13日 朝刊)

    国の経済の大きさを示す実質GDPは、前の4〜6月期に比べ0.9%減った。年率では3.5%減だった(物価変動と季節要因は除く)。日本の製造業は国内で製品をつくり、海外で売る「輸出」で稼いできたが、7〜9月期は中国を中心に売り先の海外の景気が悪く、輸出は大幅に悪化した。さらに、環境にやさしい自動車をお得に買えるエコカー補助金の終了などで、GDPの6割を占める「個人消費」もマイナス幅が前期から拡大。この二つの要素がマイナス成長の主因となった。

最新ニュース

写真・図版

(平成経済)第1部・グローバル化と危機:4 つぶれないはずの大手が(2017/11/19)

 1997年11月、日本経済は危機に瀕(ひん)していた。北海道拓殖銀行や山一証券が相次いで経営破綻(はたん)し、これまで「つぶれない」と思われていた大手金融機関の「不倒神話」が崩壊した。日本の長期停滞…[続きを読む]

写真

  • 洞爺湖畔の写真撮影スポットでは、外国人観光客が列をなしていた=北海道洞爺湖町
  • 衆院本会議で所信表明演説をおこなう安倍晋三首相。後ろは大島理森衆院議長=17日午後、飯塚晋一撮影
  • 単独インタビューに答えるスティーブン・バノン元米大統領首席戦略官=16日午前、都内
  • 投資家らが集まった「アジア・パシフィックサミット」で講演する小池百合子都知事=16日、シンガポール、野村周平撮影
  • 台湾が運営する技術普及のための農場を視察し、サツマイモの苗を植える蔡英文総統(左)。右隣は当時のソガバレ首相=2日、ホニアラ、西本秀撮影
  • 同じ景気拡大でもその要因は違う
  • GDP 7四半期連続プラスはITバブル以来
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】テーマは「乗馬」

    下北で見つけたシックスタイル

  • 写真

    【&TRAVEL】星空の下の映画上映イベントも

    気軽に楽しむ極上船旅〈PR〉

  • 写真

    【&M】アリスの世界をアフリカ系で

    ピレリカレンダー2018発表

  • 写真

    【&w】セロニアス・モンクを特集

    JAZZ@HALL 第3弾

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム私の人生には山があった

    「山と渓谷社」出身の編集者

  • 写真

    WEBRONZA山本芳樹ソロミュージカル

    画家ロートレックの生涯描く

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界遺産近くの魅惑のホテル

    振り返れば遺跡がそびえ立つ

  • 写真

    T JAPAN稀代の蒐集家が出品する

    コレクター垂涎の作品とは

  • 写真

    ハフポスト日本版 アジア人差別騒動が原因でショー欠場?

    アジア人差別騒動が原因でショー欠場?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ