メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

GDP

関連キーワード

  • 国内総生産(GDP(2015年01月13日 朝刊)

    一定期間に国内でモノやサービスがどれだけつくられ、どれだけもうけたかを示しており、いわば日本経済の規模を表す。日本は年間500兆円前後あり、米国、中国に続いて世界で3番目の規模がある。個人消費が約6割を占めるほか、企業が工場などをつくる設備投資、政府などによる公共投資、海外への輸出などで構成される。物価変動の影響をのぞく「実質」と、物価の影響も含めた「名目」がある。

  • 中国の国内総生産(GDP(2013年01月19日 朝刊)

    18日発表された2012年の伸び率は7.8%で、アジア金融危機の影響を受けた1999年(7.6%)以来、13年ぶりに8%を下回った。「バブル退治」の金融引き締めと長引く欧州債務(借金)危機で内外の需要が減ったことが響いた。中国政府は景気を下支えするため、11年末から金融緩和に転じ、12年夏からは公共事業も増やした。この結果、四半期ベースでは12年10〜12月期の伸び率が7.9%と、前の四半期(7〜9月期)の7.4%を上回り、約2年ぶりに反転した。

  • 12年7〜9月期のGDP(2012年11月13日 朝刊)

    国の経済の大きさを示す実質GDPは、前の4〜6月期に比べ0.9%減った。年率では3.5%減だった(物価変動と季節要因は除く)。日本の製造業は国内で製品をつくり、海外で売る「輸出」で稼いできたが、7〜9月期は中国を中心に売り先の海外の景気が悪く、輸出は大幅に悪化した。さらに、環境にやさしい自動車をお得に買えるエコカー補助金の終了などで、GDPの6割を占める「個人消費」もマイナス幅が前期から拡大。この二つの要素がマイナス成長の主因となった。

最新ニュース

写真・図版

中国の電気自動車化の流れ「建機にも影響」日立建機社長(2017/9/20)

 リーマン・ショック後の景気対策で売れたモデルの買い替え時期が来た上、政府が力を入れるシルクロード経済圏構想(一帯一路)が始動し、活気を取り戻した中国の建設機械市場。中国・北京を訪れた日立建機の平野耕…[続きを読む]

GDPをコトバンクで調べる

写真

  • インタビューに応じる日立建機の平野耕太郎社長=北京市、福田直之撮影
  • 第1回「日アラブ政治対話」を終え、共同記者会見に臨む河野太郎外相(右)、議長のメサヘル・アルジェリア外相(中)、アブルゲイト・アラブ連盟事務総長(左)=12日、カイロのアラブ連盟本部
  • 須田美矢子氏
  • 小池百合子・東京都知事
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ