メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

IAEA

関連キーワード

  • 国際原子力機関(IAEA(2009年09月06日 朝刊)

    核拡散防止のための査察を担うことから「核の番人」と呼ばれ、原子力の平和利用促進と軍事転用防止を図る国際機関。本部はウィーン。意思決定機関は、35カ国で構成する理事会。核不拡散と技術協力の両面で、役割の重要性が増している。

  • 国際原子力機関(IAEA)事務局長(2009年07月04日 朝刊)

    査察官約250人を含む約2330人の職員を率いる。国際機関のトップとして中立が建前だ。最高意思決定機関は、加盟146カ国のうち35カ国でつくる理事会。事務局長は査察後の分析結果や予算案などを報告し、判断を仰ぐ立場だ。理事国間に合意がなければ、ものごとは進まない。各国から信頼されていることや調整手腕が力の源泉になる。IAEAの役割が重みを増すにつれ、政治的な影響力が高まっているとの指摘もある。現在のエルバラダイ事務局長はイラク戦争前、査察結果をもとに「イラクに核兵器が存在する証拠はない」と主張。軍事解決への反対を貫いた。後にその正しさが証明され、05年にはIAEAとともにノーベル平和賞を受賞。これがさらに影響力を高めることになった。

  • IAEAの深層防護の考え方(2016年10月05日 朝刊)

    原子力施設の安全確保策を構築するために掲げる基本的な考え方。第1〜3層はプラントの当初の設計にかかわるもので、異常運転や故障の防止と制御、事故の制御を目的とする。第4層は、プラントの設計基準外の部分で、事故の進展や重大事故の影響緩和を目的とし、格納容器の防護などが含まれる。第5層は、放射性物質が大規模に放出された場合の影響の緩和が目的で、原発の敷地外も含めた緊急時の対応方法を定める必要があるとする。

最新ニュース

写真・図版

続投の天野事務局長「北朝鮮核は世界の脅威」 一問一答(2017/9/20)

 国際原子力機関(IAEA、本部・ウィーン)の天野之弥(ゆきや)事務局長は18日、3期目の任期も務めることが正式に決まった。天野氏は再任を前に、15日に朝日新聞などのインタビューに応じ、北朝鮮問題など…[続きを読む]

IAEAをコトバンクで調べる

写真

  • インタビューに応じる天野之弥事務局長=ウィーン、吉武祐撮影
  • どんな機関?
  • 国際原子力機関(IAEA)の総会に臨む天野之弥事務局長=18日、ウィーン、吉武祐撮影
  • 北朝鮮に核開発疑惑への対応を強く促す議長声明を採択した国連安全保障理事会=1994年5月30日、国連提供
  • 「不死鳥」の壁画がある議場で開かれた国連安全保障理事会サミット=1992年1月31日、国連のミルトン・グラント撮影
  • 討論するパネリストたち
  • 核兵器と憲法をめぐる戦後の歩み
  • 伊方原発の仮処分申し立て・訴訟がある裁判所
  • 核兵器禁止条約で禁止されること
  • インタビューに答えるトーマス・シャノン米国務次官=13日、東京都内、奥寺淳撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ