メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

IAEA

関連キーワード

  • 国際原子力機関(IAEA(2009年09月06日 朝刊)

    核拡散防止のための査察を担うことから「核の番人」と呼ばれ、原子力の平和利用促進と軍事転用防止を図る国際機関。本部はウィーン。意思決定機関は、35カ国で構成する理事会。核不拡散と技術協力の両面で、役割の重要性が増している。

  • 国際原子力機関(IAEA)事務局長(2009年07月04日 朝刊)

    査察官約250人を含む約2330人の職員を率いる。国際機関のトップとして中立が建前だ。最高意思決定機関は、加盟146カ国のうち35カ国でつくる理事会。事務局長は査察後の分析結果や予算案などを報告し、判断を仰ぐ立場だ。理事国間に合意がなければ、ものごとは進まない。各国から信頼されていることや調整手腕が力の源泉になる。IAEAの役割が重みを増すにつれ、政治的な影響力が高まっているとの指摘もある。現在のエルバラダイ事務局長はイラク戦争前、査察結果をもとに「イラクに核兵器が存在する証拠はない」と主張。軍事解決への反対を貫いた。後にその正しさが証明され、05年にはIAEAとともにノーベル平和賞を受賞。これがさらに影響力を高めることになった。

  • IAEAの深層防護の考え方(2016年10月05日 朝刊)

    原子力施設の安全確保策を構築するために掲げる基本的な考え方。第1〜3層はプラントの当初の設計にかかわるもので、異常運転や故障の防止と制御、事故の制御を目的とする。第4層は、プラントの設計基準外の部分で、事故の進展や重大事故の影響緩和を目的とし、格納容器の防護などが含まれる。第5層は、放射性物質が大規模に放出された場合の影響の緩和が目的で、原発の敷地外も含めた緊急時の対応方法を定める必要があるとする。

最新ニュース

写真・図版

「北朝鮮は我々をだました」 米国の元交渉担当が警告(2018/4/26)

 北朝鮮との交渉は、実際どのようなものなのか。米クリントン政権の北朝鮮核問題担当大使を務めたロバート・ガルーチ氏に聞いた。ガルーチ氏は、北朝鮮の核開発凍結などを含んだ1994年の「米朝枠組み合意」に携…[続きを読む]

写真

  • ロバート・ガルーチ元米国務次官補=ワシントン、ランハム裕子撮影
  • ロバート・ガルーチ元米国務次官補
  • ヤン・C・キム氏
  • シリアの原子炉を空爆した際の写真。左が空爆前で、右が空爆後とみられる=AFP時事
  • イスラエル軍が2007年にシリアの原子炉を空爆した際の空撮写真。左が空爆前で、右が空爆後とみられる。イスラエル軍が提供した=AFP時事
  • 会談前に握手する河野太郎外相(右)と韓国の徐薫国家情報院長=12日午後、東京都内、代表撮影
  • 北朝鮮をめぐる政権幹部の主な発言
  • 南北朝鮮を巡る動き
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ