メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

KCIA秘録

写真・図版

韓国大統領府に迫る北朝鮮ゲリラ 襲撃未遂事件秘話 (2016/4/12)

■北朝鮮を読む KCIA秘録 北朝鮮は、36年ぶりに開く5月の朝鮮労働党大会を前に、国際社会への挑発を続けて緊張を高めている。北朝鮮とは何者なのか。その手がかりは、朝鮮半島での南北の情報戦にある。韓国中央情報部(KCIA)で「北朝鮮を最も知…[続きを読む]

最新ニュース

写真・図版

(北朝鮮を読む KCIA秘録:23)党大会、個人独裁を正当化(2016/5/4)

 朝鮮労働党大会は北朝鮮の国家方針を確認する重要行事で、同時に権力闘争の舞台にもなってきた。「党大会の実態を知らずして、北朝鮮が描く将来像を理解できない」。今月6日から36年ぶりに開かれる第7回党大会…[続きを読む]

写真

  • 2日、平壌に到着した朝鮮労働党第7回大会の参加者。朝鮮中央通信が報じた=朝鮮通信
  • 康仁徳氏。自身の経験に基づく北朝鮮分析を今も語り続ける=東亜日報提供
  • いわゆる「ポプラ事件」の現場写真。雑木の枝を払う作業中の韓国人労働者と、それを警備していた米韓両軍の警備将兵に、北朝鮮軍が近づき、枝を切るなと口論になった。米将校2人が殺された=韓国大使館提供
  • スペース・イメージング社による北朝鮮・寧辺の核施設の衛星写真。2002年8月撮影=AP
  • 1978年10月に韓国軍が発見した直後に撮影された第3トンネル。総延長1635メートル、高さと幅が各2メートル、深さ73メートル。1時間で3万人の兵力を移送できるという=東亜日報提供
  • 1998年6月16日、南北の軍事境界線に近い臨津閣で牛の様子を見る鄭周永・現代グループ名誉会長(当時)。支援のための牛500頭とともに北朝鮮へ向かった=ロイター
  • 2015年10月、金剛山で行われた離散家族・親戚再会。朝鮮中央通信が報じた=朝鮮通信
  • 北朝鮮が最近まいたビラ。韓国の朴大統領をやゆし、非難したものが目立つ=脱北者らでつくる団体の自由北韓運動連合提供
  • 韓国が北朝鮮に対する軍事宣伝放送に使うスピーカー。南北軍事境界線に近い坡州で2004年に撮影された=ロイター
  • 朝鮮中央テレビで今年1月、黄炳瑞・軍総政治局長(左)がひざまずいて金正恩第1書記に話をする姿が放映された=東亜日報ウェブサイトから
  • 韓国江原道江陵市で、工作員26人を運んだとみられる北朝鮮潜水艦の引航を準備する韓国軍兵士。1996年9月撮影=ロイター
  • 双眼鏡と無線機を手に、南北境界線の板門店で、南側を見る北朝鮮軍兵士。2008年撮影=ロイター
  • 統一相だった当時、記者団に南北対話について説明する康仁徳氏(右)=東亜日報提供
  • 4月9日、金正日総書記の国防委員会委員長推戴(すいたい)23周年に当たり、平壌・万寿台の丘にある金日成主席と金総書記の銅像に献花する市民。朝鮮中央通信が報じた=朝鮮通信
  • ドイツにある飛行場の滑走路を走行するAN2軽輸送機。2008年11月撮影=ロイター
  • 第2次世界大戦末期の1945年にベルリンで使われたソ連製のT34戦車。ベルリンに展示されている=ロイター
  • 平壌のビデオ会社を視察する金正日総書記(左)と三男の正恩氏の写真。2011年9月に朝鮮中央通信が配信した=ロイター
  • 朝鮮労働党機関紙・労働新聞が「最高人民会議常任委員会名誉副委員長」の肩書で掲載した金英柱氏の写真=労働新聞ホームページから。金正日総書記が権力を握った1993年ごろ、許されて平壌に戻ったとされる
  • 1974年2月、全国党宣伝活動家の講習会で演説する金正日氏=朝鮮通信
  • 1971年9月20日、板門店で開かれた南北赤十字予備会談。握手する韓国の代表(左)と北朝鮮の代表(右)=東亜日報提供
  • 1970年8月15日、新しい平和統一構想を発表する朴正熙大統領(当時)=東亜日報提供
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ