メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

新型iPhone発売

写真

iPhoneSE発売 「このサイズ待ってた」(2016/03/31)

  米アップルの新しいスマートフォン「iPhone(アイフォーン)SE」が31日、売り出された。小さな4インチの画面で扱いやすくしたのが特徴で、カメラの性能や情報の処理能力は半年前に出た「iPhone6s」と変わらない。大手携帯会社は販売店で……[続きを読む]

最新iPhoneの強みと弱み 実機を速攻レビュー(2016/03/29)

 先週アップルが発表した「iPhone SE」および「iPad Pro 9.7インチ版」の実機を使った最新レビューをお届けします。日本ではどちらも現在予約受け付け中で、3月31日から販売がスタートします。どちらも「過去に出たデザインに最新の……[続きを読む]

iPhoneロック解除問題

米司法省、iPhoneロック解除か「アクセスできた」(2016/03/29)

 昨年12月に米カリフォルニア州で起きたテロの容疑者が使っていたiPhoneの「ロック解除」を巡り、米連邦捜査局(FBI)と製造元のアップルが対立していた問題で、米司法省は28日、「データにアクセスできたため、アップルに協力を求める必要がな……[続きを読む]

最新ニュース

画像1 秋公開予定の「iOS 10」。ロック画面の操作方法が一新され、よりつかいやすくなった

(デジタルトレンド・チェック!)「あらゆる機器をアップルで」 着々と進歩する同社新OSの狙い(2016/07/21)

 アップルは今秋の公開に向け、同社製品向けの新OS「iOS 10」「macOS Sierra」「watchOS 3」「tvOS 2」の開発を進めています。7月7日から同社は、iOS 10(画像1)とm[続きを読む]

関連キーワード

  • iPhone6s6sプラス(2015年09月26日 朝刊)

    見た目は前モデルの「6」「6プラス」とほぼ同じだが、画面を強く押してよく使う項目を表示させる「3Dタッチ」を新しい操作として加えた。画面を軽くたたく通常の操作とは区別される。カメラの性能も向上し、高精細の4K動画も撮れる。新色としてローズゴールドも用意した。「6sプラス」は、画面がやや大きい派生モデルだ。

  • ガラパゴス携帯(2010年05月28日 朝刊)

    日本の第2世代携帯電話は独自の通信方式を採用したため、ネット接続、カメラ、電子マネーなど最先端の機能を持ちながら、海外市場では通用しなかった。最近になって、アップルの「iPhone」など高機能のスマートフォンが執と日本市場にも進出。国際競争力に乏しい日本のケータイは「脱ガラパゴス化」を迫られている。

  • アップストア(2010年11月09日 夕刊)

    ゲームやビジネスツール、電子書籍など、iPhoneやiPad用のソフトをアップル社が独占的に販売する配信サイト。年会費1万800円で自作ソフトを売ることができる。今年9月時点で22万5千本のソフトを配信、計65億本がダウンロードされた。

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ポップな手染め麻の絵ふきん

    「日本代表」いい仕事品

  • 【&TRAVEL】吉川ひなのリアルライフ

    「ハワイエキスポ」〈PR〉

  • 【&M】「オールドパー シルバー」

    極上ウイスキーソーダ〈PR〉

  • 【&w】「画技」でマンガの魅力解剖

    「『描く!』マンガ展」開催中

  • ブック・アサヒ・コム川上弘美の小さな世界

    掌編集「このあたりの人たち」

  • WEBRONZAヘリマネは現代の「徳政令」

    政府が自らの債務棒引き→救済

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ