メニューを飛ばして本文へ
トプカプ宮殿の至宝展〜オスマン帝国と時代を彩った女性たち〜
ここから本文

見どころ

トプカプ宮殿
トプカプ宮殿

 アジアとヨーロッパを結ぶ東西の架け橋イスタンブールは、古くから政治・経済・文化が交流する要衝として栄えてきました。モンゴル高原北方をふるさととし、南下西進を続けたトルコ民族の一派が、13 世紀末にアナトリア高原で創始したオスマン帝国は、ビザンツ帝国との激しい攻防の末に1453 年、イスタンブールを掌中にしました。オスマン帝国のスルタンは強大な軍事力を持つ専制君主、イスラムの庇護者、広大な領土から得る富の独占者として、その力をアジア、アフリカ、ヨーロッパに示しました。

 トプカプ宮殿は、スルタンが居住した私的空間と国政の場を兼ね備えた施設でした。莫大な富を示すことで他国を威服させるべく、スルタンの生活すべてが、豪華な装飾に囲まれていました。また世界中の美女が集まったハレムでは、優美な宮廷文化が生まれ、女性たちはスルタンの寵愛を競いました。

 本展覧会では、オスマン帝国の政治・軍事・宗教・文化を、スルタンの権力とハレムの女性たちに焦点を当てながら、トプカプ宮殿博物館とトルコ・イスラム美術博物館所蔵の優品約140点で総合的に紹介する試みです。


世界帝国に君臨したスルタン

オスマン帝国の君主はスルタンと呼ばれ、広大な帝国の全土を意のままに支配する強大な権力を…。
詳しく>>

宮廷文化と秘められた世界・ハレム

1453年にイスタンブールが帝都となった後の1478 年以降、トプカプ宮殿は4 世紀近くにわたって…。
詳しく>>


輝くオスマン王朝の栄華

輝くオスマン王朝の栄華オスマン帝国のスルタンは、強大な軍事力だけでなく圧倒的な豪奢さ…。
詳しく>>

スルタンが愛した東洋の美

スルタンたちは、とりわけ15 世紀末以来、当時としては金銀よりもはるかに貴重な…。
詳しく>>

asahicomトップへ 朝日新聞のイベント情報 ページの上へ
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission