メニューを飛ばして本文へ
トプカプ宮殿の至宝展〜オスマン帝国と時代を彩った女性たち〜
ここから本文

トピックス

トプカプ宮殿の至宝(13) ラブタ(19世紀)

(2007年8月20日)

写真
ラブタ

 リュートに似た7弦楽器。さぞや繊細な音色なのだろう。オスマン帝国時代、音楽療法が盛んに行われたらしい。胴を飾る真珠母にはライオンや植物の文様が刻まれている。画家レブニーも、楽器を演奏するハレムの女性たちの絵を残している。


asahicomトップへ 朝日新聞のイベント情報 ページの上へ
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission