現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. トラベル
  3. 航空ニュース
  4. 記事
2012年2月28日0時36分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

線路快適、道路は縦揺れ DMV、記者が体験 徳島

 列車なのか、バスなのか。そんな不思議な乗り物「DMV」(デュアル・モード・ビークル)の試乗会が、阿佐海岸鉄道の阿佐東線(徳島県海陽町―高知県東洋町)であった。乗り心地は今まで乗ったことのある列車ともバスとも違っていた。

 「モードチェンジします」。聞き慣れないアナウンスが車内に流れた。「え、みんな乗ったままでいいの?」とまず驚いた。

 ゆっくりと車体の前方が持ち上がる。「飛行機みたい」。隣の席の小学3年の伊東百咲さん(9)と林奈々江さん(9)が声を上げる。確かに離陸前の飛行機のような体勢だ。足を踏ん張り身構えていると、その体勢のまま、何もなかったようにバスは列車となって動き出した。

 ここはJR牟岐駅。線路も道路も走れるDMVの試乗会は11日、徳島県海部町の阿佐海岸鉄道の宍喰駅(海陽町)から、最初は国道55号を北上し、約30分後に到着した。バスとしての道中は縦揺れが気になった。全29席満員の状態だったが、小さな段差があると車体が跳ねた。DMVを開発したJR北海道によると、バスの全長に対してボンネット部分が大きいためバランスがとりにくく「多少の揺れは仕方ない」という。

 そのボンネットが力を発揮したのは、モードチェンジの時。ボンネット下に格納されていた車輪が油圧で下りてきて、線路に車体を固定する。すると車体が数度後ろに傾き、動力となる後輪のタイヤが線路に押しつけられる。さらに、道路走行では浮いていた後輪の後ろにある補助タイヤが線路に乗り、安定を保つという。その所要時間はわずか15秒。

 ちなみに、列車ならぬバスを「どこから線路に入れたのか」。試乗会では、JR牟岐駅構内の空き地にバスで乗り込み、ホーム反対側にあるすれ違い用の線路で「チェンジ」した。

 「両方走れるなんて不思議やね」。線路の上を走り始めると、小松島市から参加した女性(73)が感心する。列車のように「ガタンゴトン」と音が響く。道路では時速50キロほどで走っていたが、線路上の最高速度は65キロ。揺れはほとんど無く、後ろに傾く姿勢に慣れれば、列車に乗った感覚と似てなくはない。

 列車はJR3駅と阿佐海岸鉄道の海部駅を通過し、宍喰駅に戻った。さらに駅の車庫から道路に降り、高知県東洋町の道の駅などをめぐった後、再び宍喰駅に戻った。試乗時間の2時間半はとても短く感じた。

 この日と12日の2日間の試乗会には126人の定員に対し、県内外から556人が応募。4倍を超える人気となった。中には岡山県や広島県から参加した鉄道ファンもいた。前出の2人の小学生を連れて参加した高知県東洋町の林清美さん(34)は「子供は楽しんでいた。走れば人気は出そう。でも日常的に使うとなると、やっぱり自家用車かなあ」という。

 県は今回の試験運行の費用として、国、高知県と合わせ約5千万円を負担。DMVは無償貸し出しだったが、運搬費や人件費などにかかった。県交通戦略課は「今回の試験運行で、阿佐海岸鉄道での走行が可能と判断された」とし今後導入に向けた準備を進めるという。だが、DMVを徳島県で導入するには、JR北海道の営業運行が前提。その営業運行の時期も「実現のめどは立っていない」(JR北海道)という。

 DMVは確かに不思議な魅力がある。機会があればもう一度乗りたいと思わせる。でも開業以来、19年連続赤字のこの鉄道の起爆剤となるには、まだまだ遠い道のりがありそうだ。(川原千夏子)

検索フォーム

航空関連ニュース一覧


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…