現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. トラベル
  3. 航空ニュース
  4. 記事
2012年9月18日0時38分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

映画「百年の時計」PR電車発車 すべて香川県内でロケ

 高松琴平電気鉄道(ことでん、高松市)の開業100年を記念して制作された金子修介監督の映画「百年の時計」を宣伝する特別仕様電車の発車式が17日、瓦町駅であった。仏生山行きの一番電車に助演女優の木内晶子さんと映画エキストラらと一緒に乗り込んだ金子監督は「すべて県内でロケした作品。走る電車の中でいろいろな人生が巡り合い、至福の時を刻むストーリー」とPRした。

 電車の側面には、懐中時計の両側に立つ主演の木南晴夏さんやミッキー・カーチスさんら俳優の写真がラッピングされている。電車内は、高松市の宮武製麺所や栗林公園など県内で撮影に臨んだロケ地マップ、ロケ風景の写真、映画のあらすじなど写真・ポスター約100枚が展示されている。

 特別仕様電車は、来年8月上旬まで、高松琴平線で1日最大20本運行する。

 映画「百年の時計」は、来年の全国公開に先駆けて、県内のワーナーマイカルシネマズ高松、宇多津、綾川で10月20日から先行上映される。(佐久間泰雄)

検索フォーム

航空関連ニュース一覧


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…