現在位置:
  1. asahi.com
  2. トラベル
  3. 航空ニュース
  4. 記事
2011年9月15日19時12分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

出発ゲート内に新商業施設 改装進む羽田空港第1ターミナル

写真:飛行機を見やすくなった第1ターミナルの展望デッキ=15日、羽田空港拡大飛行機を見やすくなった第1ターミナルの展望デッキ=15日、羽田空港

写真:出発フロアの天井には自然光を採り入れる開口部ができた=15日、羽田空港拡大出発フロアの天井には自然光を採り入れる開口部ができた=15日、羽田空港

写真:第1ターミナル出発ゲート中央にできた「キャプテンズトーキョー」=15日、羽田空港拡大第1ターミナル出発ゲート中央にできた「キャプテンズトーキョー」=15日、羽田空港

写真:カウンターに職人が立つすし店。カウンターの下には荷物をかけられるフックがついている=15日、羽田空港拡大カウンターに職人が立つすし店。カウンターの下には荷物をかけられるフックがついている=15日、羽田空港

写真:文具店の「南青山Shosaikanアネックス」で販売している「なつかしい文房具」コーナーにはミニサイズのジャポニカ学習帳が。中のメモもノートのマス目を再現している=15日、羽田空港拡大文具店の「南青山Shosaikanアネックス」で販売している「なつかしい文房具」コーナーにはミニサイズのジャポニカ学習帳が。中のメモもノートのマス目を再現している=15日、羽田空港

 秋の観光シーズンを控え、日本航空(JAL)やスカイマークが主に発着する第1ターミナルのリニューアルが進んでいる。16日からは保安検査場を通過したあとの出発ゲート中央に新しい商業施設がオープン。展望デッキも改装し、発着する飛行機を見ながら空港限定の地ビールを飲めるお店も開店する。(アサヒ・コム編集部)

ショップやレストランの様子を写真で

 第1ターミナルは1993年にオープンした。開業から20年近くがたち、2004年にできた第2ターミナルや昨年できた国際線ターミナルと比較して少し古い印象となっていたため、今年はじめから改装工事を進めていた。

 ターミナル2階の出発ロビーは天井部分を改装して自然光を採り入れることができるようになり、明るい雰囲気になってきた。また、展望デッキも壁面や床に落ち着いた黒に近い色調の木材を使ってお色直しを実施。駐機場や滑走路を見渡すフェンスもこれまでのものから見通しやすいワイヤ式に交換して飛行機を眺めたり撮影したりしやすくなっている。

 また、展望デッキに向かう途中の6階屋上には新たに品川区のティー・ワイ・ハーバーブルワリーで醸造された羽田空港限定の地ビール「羽田スカイエール」を飲むことができる「スカイステーション」ができた。ビールを片手に飛行機を眺めるのも楽しそうだ。

 ターミナルのほぼ中央に完成した出発ゲートの「CAPTAIN'S TOKYO」(キャプテンズトーキョー)は搭乗直前に買えるちょっとした手土産類が充実。テーマは「東京の今」で、人気のある新旧の東京の和洋菓子を集めた物販エリアが話題になりそうだ。

 人気パティシエの辻口博啓さんが手がけた新感覚の豆のお菓子をそろえた「Fève」(フェーヴ)は東京・自由が丘の人気店。豆を「おいしいスイーツ感覚のサプリメントとして食べてほしい」というコンセプトで、羽田空港限定の「カシュー×マンゴー・フランボワーズ」はカシューナッツにマンゴーや木イチゴの衣で味をつけた新感覚の豆菓子。約20種類の豆菓子は小ぶりのパッケージに入っていて、自由に組み合わせて自分好みのお土産パックがつくれる仕組みになっている。

 国内線の場合、機内の無料サービスはお茶や水だけといったところがほとんどのため、機内でお茶を頼めば手軽におやつとして食べられる和菓子類も充実させた。上野の「岡埜栄泉総本家」の豆大福、吉祥寺の「吉祥寺あまの」の揚げまんじゅう「揚萬念」などを買うことができる。

 飲食コーナーもリニューアル。北海道の豚丼、湘南の釜揚げしらすを使ったしらすおろしうどん、愛知のみそカツ丼などの全国ご当地グルメを楽しめる「ジャパングルメポート」が完成。本格的なにぎりずしを朝6時半から立ち食いで楽しめるすし店「又こい家」も開店する。

 変わったところでは、秋葉原や二子玉川に出店して人気を集めている焼き菓子のプレッツェルの専門店「アンティ・アンズ」も出店した。ガラス張りのキッチンでスタッフが一つひとつ手でひねって成形しているのを見ることができるのも人気で、アーモンドやシナモンの風味のプレッツェルが人気、という。

 ビジネス客のニーズにこたえるため、書店の「有隣堂アネックス」や文具・雑貨の「南青山Shosaikanアネックス」は午前6時から開店している。Shosaikanではビジネス用の文具、デザイン文具のほかにも遊び心満載の「なつかしい文房具」「実用的なミニ文具」のコーナーを設けた。

 CAPTAIN'S TOKYOの主な店舗は16日朝、開店する。

検索フォーム

航空関連ニュース一覧


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…