現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. トラベル
  3. 航空ニュース
  4. 記事
2012年4月28日16時1分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

北陸新幹線、在来線と直通に 「フリーゲージ」導入へ

図:北陸新幹線に導入されるフリーゲージトレイン拡大北陸新幹線に導入されるフリーゲージトレイン

 2025年度末に敦賀(福井県)まで通じる予定の北陸新幹線で、国土交通省は線路の幅が違う在来線と行き来できる新型列車「フリーゲージトレイン」(FGT)をとり入れる方針を固めた。FGTなら敦賀―大阪の在来線区間も走れるため、富山―大阪間を乗り換えなしの直通運転でつなぐことができる。

 FGTが走っても、敦賀―大阪間にかかる時間は今の特急と変わらない。乗り換えの手間が省けるだけだが、国交省は「心理的な不便さが消える」と説明している。列車を運行するJR西日本も前向きだ。

 FGTは北陸新幹線が25年度末に敦賀まで開通するのと同時に走らせる。今の在来線特急が走る富山―大阪間で直通運転する見通し。国交省はさらに米原経由で名古屋方面に乗り入れることも検討しており、富山―名古屋の直通運転をする可能性もある。

 北陸新幹線は東京―大阪を日本海側を通って結ぶルートで計画された。14年度末に長野―金沢間が開業する予定で、その先の金沢―敦賀間も国交省が近く着工を認可する見込みだ。

 国交省は敦賀―大阪間でも新幹線区間をつくる計画は変えない。ただ、この区間をつくるお金のめどは立っていない。このため、新幹線をつくる計画と並行して、FGT導入も進める必要があると判断した。

 国交省は昨年12月、金沢―敦賀間の事業費を1兆1300億円としていた。これに敦賀駅付近で乗り入れ用の連絡線をつくるなどFGT導入にかかわる費用約300億円を加え、1兆1600億円に増やした。

 ただ、FGTはまだ国交省などが開発を進めている段階だ。22年度に開業予定の九州新幹線・長崎ルートが先にFGTを走らせる計画だが、実用化にはまだ技術面での課題が多いとされる。さらに北陸では雪や凍結対策など新たな技術開発も必要になる。(南日慶子、稲田清英)

検索フォーム

航空関連ニュース一覧


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…