現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. トラベル
  3. 航空ニュース
  4. 記事
2012年5月28日5時33分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ドーム屋根には干支のレリーフ 東京駅丸の内駅舎を公開

【動画】復元工事中のJR東京駅丸の内駅舎が報道公開

写真:大正時代の姿に復元された丸の内駅舎のドーム屋根内部。壁には細やかな彫刻が施されている=27日午後1時32分、東京都千代田区のJR東京駅、上田潤撮影拡大大正時代の姿に復元された丸の内駅舎のドーム屋根内部。壁には細やかな彫刻が施されている=27日午後1時32分、東京都千代田区のJR東京駅、上田潤撮影

写真:丸の内駅舎の中央最上部の屋根裏を改装し、ホテルラウンジとした。東側はガラス張りにして自然光を採り入れた=27日午後2時、東京都千代田区のJR東京駅、上田潤撮影拡大丸の内駅舎の中央最上部の屋根裏を改装し、ホテルラウンジとした。東側はガラス張りにして自然光を採り入れた=27日午後2時、東京都千代田区のJR東京駅、上田潤撮影

写真:大正時代の姿に復元された丸の内駅舎のドームの吹き抜け=27日午後2時12分、東京都千代田区のJR東京駅、上田潤撮影拡大大正時代の姿に復元された丸の内駅舎のドームの吹き抜け=27日午後2時12分、東京都千代田区のJR東京駅、上田潤撮影

 JR東日本は27日、約100年前の開業当時の姿に復元工事を進めている東京駅丸の内駅舎(東京都千代田区)の内部を報道関係者に公開した。外観工事の大半は終わり、現在は内装工事の仕上げに取りかかっている。6月3日から一部の施設を使い始め、10月にグランドオープンする。

 太平洋戦争で焼け落ちたドーム屋根の内装工事は完成し、方角に合わせて干支(えと)のレリーフが取り付けられた。グランドオープン後は、改札口を出てすぐのコンコースから目にすることができる。

 東京ステーションホテルも10月に復活する。国指定重要文化財を使ったホテルは全国でもここだけ。コンコースや皇居など眺望が自慢の150部屋を用意し、すでに約1千件の予約が入っているという。

 5月末には駅舎に併設されている交番がオープン。丸の内の北口改札が6月3日、南口が17日から使用開始となる。

検索フォーム

航空関連ニュース一覧


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…