現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 橋に願いを
  5. 記事

漁業の島に寄り添い半世紀 城ケ島大橋(神奈川県)

2010年9月3日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:三浦半島と城ケ島(左)を結ぶ城ケ島大橋。直線的な海岸が埋め立てを物語る=本社ヘリから、西畑志朗撮影拡大三浦半島と城ケ島(左)を結ぶ城ケ島大橋。直線的な海岸が埋め立てを物語る=本社ヘリから、西畑志朗撮影

写真:島で取れた伊勢エビやアワビを手にする甲田豊さん(左)と石橋英樹さん=横尾写す拡大島で取れた伊勢エビやアワビを手にする甲田豊さん(左)と石橋英樹さん=横尾写す

地図:  拡大  

 神奈川県三浦市の三崎漁港。遠洋漁業の拠点として栄え、マグロの水揚げで日本一を誇ったこともある。港は三浦半島とその南端に浮かぶ城ケ島の一帯に位置し、城ケ島大橋は1960年、漁港発展の期待を担い、半島と島の間に架けられた。

 「映画を見るために船で港に渡り、夜遅くなって泳いで島に帰ったこともあった」。島に生まれ育った青木倉吉さん(86)は、架橋前の様子が懐かしそうだ。遠洋漁業だけでなく、島周辺は海の恵みの宝庫だった。今も現役漁師の青木さんは、近海で伊勢エビやカワハギを取りながら港の変化を見続けてきた。

 橋が架かったころ、マグロの水揚げ量は右肩上がり。加工場などの漁業施設建設のため、現在の島の面積の2割に近い約18ヘクタールが埋め立てられた。それに伴い、半農半漁で生計を立てていた島の人々の生活は一変する。「浜辺が消え、港からトコブシやサザエがいなくなった」と青木さんは残念がる。

 だが、オイルショックや経済水域の拡大などが影響し、遠洋漁業はやがて下降線に。昨年のマグロ水揚げ量は約7千600トンと、ピークだった昭和40年代の10分の1ほどに落ち込んだ。

 漁港開発に翻弄(ほんろう)された城ケ島にあって、甲田豊さん(39)と石橋英樹さん(39)は数少ない若手漁師だ。

 島外で働いていた甲田さんは妻の故郷の城ケ島に移り住み、3年ほど前から潜り漁や、船の上から突く見突き漁でアワビやサザエを取っている。「豊かな漁場はまだ残っていますよ」

 石橋さんは代々続く漁師の家の長男。会社員生活を経て漁業を継いだ。家族が手伝ってくれたり民宿が積極的に仕入れてくれたり。助け合いや気遣いを日々感じ、島を誇りに思う。

 架橋から50年。島には、漁業を担う人々の力強い暮らしが今も息づいていた。漁港の発展という目的は薄れたけれど、橋も島に寄り添い、島の人たちの生活を支えている。(横尾絢子)

    ◇

《メモ》全長575メートル、幅11メートル。投じられた総事業費は7億円。船の航路として幅と高さを確保するため、鋼床板箱桁と呼ばれる構造が採用された。外観が「優美で軽快」と評判を呼び、城ケ島の観光にも一役買うことに。渡橋料が必要で、普通車は往復150円。

    ◇

●城ケ島 三浦半島の最南端にある面積約99ヘクタールの島。北側は遠洋漁業基地、東側は県立公園、南側は荒磯の海岸となっている。西端に全国有数の歴史を持つ洋式灯台「城ケ島灯台」が建つ。

●白秋記念館 「雨はふるふる/城ケ島の磯に……」の歌詞で知られる「城ケ島の雨」。作詞者・北原白秋の遺品や遺作を展示している。[前]10時〜[後]4時。[月]休み。三浦市三崎町城ケ島374の1(三崎口駅からバス、電話046・881・6414)。

●城ケ島渡船 三崎港と城ケ島を結ぶ。[前]9時45分〜[後]5時15分(随時運行)。5月〜9月の[日]休み。200円。電話三浦海業公社(046・881・6721)△5月〜9月の[日]は、みうら漁業協同組合の組合員が渡船を運航。[前]8時〜[後]3時半(随時運行)。300円。電話同組合(046・881・7261)。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…