現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 秘境添乗員・金子貴一の地球七転び八起き
  5. 記事

秘境添乗員・金子貴一の地球七転び八起き

スピリチュアリティとユダヤ文化の世界的中心地 サフェド

2010年8月13日11時0分

写真:アブハヴ・シナゴーグで、ラビ・イツハク・アブハヴ直筆のトーラーが納められた聖櫃の前に立つ現地ガイド、バルーチ・アードスタイン氏拡大アブハヴ・シナゴーグで、ラビ・イツハク・アブハヴ直筆のトーラーが納められた聖櫃の前に立つ現地ガイド、バルーチ・アードスタイン氏

写真:奇跡話が多く残るアブハヴ・シナゴーグの天井ドームには、古代ユダヤの楽器など、トーラーに記載されたモチーフが描かれていた拡大奇跡話が多く残るアブハヴ・シナゴーグの天井ドームには、古代ユダヤの楽器など、トーラーに記載されたモチーフが描かれていた

写真:「ギャラリー通り」には、サフェド在住のユダヤ人芸術家の作品を並べたギャラリーがひしめき合い、世界各地からのユダヤ人観光客で賑わっていた拡大「ギャラリー通り」には、サフェド在住のユダヤ人芸術家の作品を並べたギャラリーがひしめき合い、世界各地からのユダヤ人観光客で賑わっていた

写真:ギャラリー通りの一角にあるカフェテリアの入口。中世の街並みがそのまま生かされている拡大ギャラリー通りの一角にあるカフェテリアの入口。中世の街並みがそのまま生かされている

写真:アメリカ系ユダヤ人のガラス工芸家シェヴァ・チャヤ・シャイマンは、イスラエル在住13年。ガラス細工の製造過程をカバラ理論で説明してくれた 拡大アメリカ系ユダヤ人のガラス工芸家シェヴァ・チャヤ・シャイマンは、イスラエル在住13年。ガラス細工の製造過程をカバラ理論で説明してくれた

写真:ラビ・シメオン廟に詣でるユダヤ人女性たち。墓標に身体をもたれかけ、思い思いに祈りを捧げていた拡大ラビ・シメオン廟に詣でるユダヤ人女性たち。墓標に身体をもたれかけ、思い思いに祈りを捧げていた

写真:ラビ・ルリア廟では、参拝の集団が去ったあとも、超正統派のラビがひとり静かに祈りを捧げていた。16世紀の墓に塗られた水色は、天国を意味するという拡大ラビ・ルリア廟では、参拝の集団が去ったあとも、超正統派のラビがひとり静かに祈りを捧げていた。16世紀の墓に塗られた水色は、天国を意味するという

 シャロナの運転する乗用車で松林の中のくねくねとした山道を上ると、そこは、イスラエル最高地(標高900メートル)の町、サフェド(ヘブライ語名ツファット)だった。車を降りて、石積みの白壁とアーチのトンネルが多い中世の街並みを歩いていくと、地元観光協会の説明板が見えてきた。

「スピリチュアリティとユダヤ文化の世界的中心地 サフェド」

 そう、ここは、16世紀以降、ユダヤ教のスピリチュアリティ「カバラ」の中心地として繁栄した都市だ。カバラとは、「神との神秘的合一(一体化)と、秘められた神智(神の智恵)を得ることを目指したユダヤ教の秘密の教え」である。

 サフェドは、イスラエル滞在第一日目に訪れたエルサレム、第二日目に訪れたヘブロン、今回は訪問できなかったが、4世紀に聖典「タムルード」(口伝されたユダヤ教徒の生活全般における膨大な慣習律法の集大成)が編纂されたティベリアと共に、ユダヤ教の四大聖地の一つである。うち、エルサレムとヘブロンは、キリスト教とイスラーム教の聖地でもあり、ティベリア周辺は、隣接するガラリア湖と共にイエス・キリストが数々の奇跡を行った地域であることからキリスト教の聖地でもある。しかし、サフェドだけは、ユダヤ教独自の聖地なのだ。

 私たちは、サフェドに住む現地ガイド、アメリカ系ユダヤ人のバルーチ・アードスタインと共に、市内の崖の上から周囲の山々を眺めていた。

「確かに、イスラエルが世界に報道されるときは、悲しいニュースが多い。しかし、別の側面を見て下さい。約2000年前に、ディアスポラ(離散)で世界中に散らばったユダヤ人たちが、神のご計画の通り、また、このイスラエルに集まってきているのです。これは奇跡であり、メシア(救世主)が現れる終末の日が近いことを意味します。そして、カバリスト(カバラ修行者)たちは、世界を終末に向かわせるために、サフェドに集結したのです」。

 バルーチは、サフェド近郊のメロン山を指差した。

「あそこに、カバラの根本経典である『ゾーハル(輝きの書)』の著者、2世紀の神秘家シメオンの廟があります。同書は、彼が、ローマ帝国の追求を逃れて洞窟で生活した13年間に、神の啓示により書かれたものです。しかし、この経典は、その後11世紀もの間、地中に埋もれてしまい、13世紀にスペインで発見され、宗教指導者であるラビたちによって研究されることになるのです。ところが、難解すぎて誰も分からなかった。そんな中、15世紀末にスペインでユダヤ人追放令が出されると、カバリストたちはこのサフェドに移り住み、ここが、カバラの中心地となるのです。

 そして、はじめて『ゾーハル』を易しく読み解いてみせたのが、16世紀にサフェドに住んだラビ・ルリアでした。彼のカバラは、強いメシア待望論と結びついたものでした。全てのユダヤ人が戒律を護り抜いたとき、悪は滅びて終末を迎え、メシアが現れる。そして、世界はユダヤ人だけでなく全人類にとって、平和で幸福な場所となるというのです。それが、ユダヤ人の聖使命であり、神に選ばれた民族である所以です。そのラビ・ルリアの廟は、この崖下の古代ユダヤ人墓地にあります」。

 ラビ・ルリア廟に行くと、ちょうど帽子を被りヒゲを生やした超正統派と言われる人々が祈りを捧げているところだった。ここは、ユダヤ教の宗派を超えて年間70万人もの人々が墓参するというから、ユダヤ人の間で同師がいかに信奉されているかがわかる。墓地ですれ違ったシャロナの友人は、ニューヨークの富豪の妻で、ちょうど知り合いをラビ・ルリアの墓参に連れて行くところだった。

 次に、バルーチは、私たちを、16世紀建立のアブハヴ・シナゴーグに案内した。15世紀のスペインの高名なカバリスト、アブハヴの直筆のトーラーが聖櫃に納められたユダヤ教会だ。ここには、このトーラーを巡る数々の奇跡話が残っている。その一つが、18世紀の大地震の際、町が崩壊したにも関わらず、シナゴーグの聖櫃がある壁だけがきちんと立って残っていたというものだ。更に、バルーチは、不妊症の人がここを訪れて懐妊する奇跡が何度となく起きている実話を披露した。その様にして生まれた男性が、歳をとって、つい最近引退するまで、ここの管理人を務めていたという。

 サフェドは、神の力や奇跡が、日常生活で普通に信じられている町だった。

 一方、サフェドは、説明板にあったようにユダヤ文化の中心地でもある。ここは、ユダヤ伝統音楽「クレズマー」の世界的中心地であり、毎年行われるユダヤ伝統音楽祭は、世界トップレベルのクレズマー音楽家が集まり、盛大に催される。また、ユダヤ人美術家が世界中から集まる町としても有名である。

 中世の街並みを貫く、細くて長い「ギャラリー通り」の両側は、小さなギャラリーがぎっしりと軒を並べていた。その通りから少し離れた場所で「ツファット神秘芸術ギャラリー」を経営するアメリカ系ユダヤ人のアブラハム・ローウェンタルは、現代カバラ芸術家だ。カバラの内容をカラフルな抽象画として表現する彼は、カバラの実践者でもある。

「すべての人は神性を持っており、聖なる存在だ」。

「人間の成長は、『見返りを求めて他に施す段階』から、『見返りを求めず他に施す段階』、そして、『絶対者(神)から受け取ったものを、他に施す段階』へと移っていく」。

 アブラハムと私は、彼の絵を見ながら、しばらくの間、カバラ思想と仏教思想を比較しながら話し合った。すると、驚いたことに、両者はとても似ているのだ。

 「以前にも仏教の僧侶が来て、『似ている』と感心されてましたよ」。

 アブラハムは、ヒゲだらけの顔に満面の笑みを浮かべてそう言った。

 また、アブラハムの話を聞いただけでも、サフェドが、カバラと芸術の町であることは偶然の一致ではなく、カバラが芸術創作の基盤となっていることがよくわかった。

 イスラエルの旅の最後に、私たちは、ラビ・シメオン廟に詣でた。「ゾーハル」を書いた、約1900年前のあのユダヤ人神秘家である。

「私の人生で辛いことがあると、ここによく墓参に来るの。ラビ・シメオンの魂には、とても親しみを感じるのよ」と、シャロナは言った。

 世界中のユダヤ人から絶大な信奉を集める彼の廟の内部は、男女別に参拝できるようになっており、多くのユダヤ人が思い思いに祈りを捧げていた。

 私はそこで、私自身がはじめてイスラエルを訪れた1983年のことを思い出していた。当時、私は21歳。ハイファの本屋に入り、どうしても欲しくて買った本が英語版の「ゾーハル」だった。それから27年。今回の旅で、私は、「カバラの真髄を知りたい」という、その時自分に課した宿題の、やっと入口に立てた気がした。

プロフィール

金子貴一(かねこ・たかかず)

写真

 秘境添乗員、フリーライター。1962年生まれ。元不登校児。高校時代、米国アイダホ州で一年間ホームステイ。大学時代は、エジプトの首都カイロに7年間在住し、カイロ・アメリカン大学文化人類学科卒業。留学を通して、「異文化間交流」の大切さを実感。在学中より、観光ガイド、ジャーナリストとして活動を開始。仕事等で訪れた世界の国・地域は100近く。著書に、「秘境添乗員」(文藝春秋)「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」(学習研究社)
公式ブログ http://sea.ap.teacup.com/hachidaiga/

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…