現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. ひとえきがたり
  5. 記事

ひとえきがたり

俺たちの海 俺たちの青春 鎌倉高校前駅(神奈川県、江ノ島電鉄)

2011年1月18日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:海の先に江の島を望む=上田頴人撮影拡大海の先に江の島を望む=上田頴人撮影

写真:江ノ電ランチボックス拡大江ノ電ランチボックス

地図:  拡大  

 民家の間を縫うように走り抜けると、照り映える海が車窓一面に広がった。

 「海が見える、海が」。つり革をつかむ男性の声に導かれ、乗客たちがどっと身を乗り出す。

 江ノ電の名で親しまれる江ノ島電鉄の鎌倉高校前駅(神奈川県鎌倉市)は、湘南の海を望む特等席だ。簡素な駅舎は塩害を考慮した木造で、ホームは一つ。「海が現れた途端に上がる歓声を、背中で何度も感じました」。同社の全15駅を統括する佐野栄一駅長(47)は元運転士だ。

 高校の移転に合わせて1953年に現在の駅名になるまでは、日坂(にっさか)駅と呼ばれていた。改札を出て少し歩くと、なだらかな坂道が校舎へと続く。「坂の途中で電車が来ると『待ってくれー』って叫ぶんです。電車もそれで待ってくれるんだから、僕らのころはのんきなもんだよね」。同校OBで元広告マンの松田浩次さん(66)が懐かしむ。

 今でこそ乗客数が伸びている江ノ電だが、廃線を危ぶまれた時期もあった。この危機を救ったのが、鎌倉を舞台にした勝野洋さん主演の青春ドラマ「俺たちの朝」(1976〜77年)。

 脚本を手がけた鎌田敏夫さんによれば、見晴らしが抜群の鎌倉高校前駅もロケ地の候補に挙がった。しかしすぐ脇を国道が通るなど奥行きがなく、撮影には向かなかった。主な舞台は3駅隣の極楽寺駅になったが、ドラマは大ヒット。江ノ電は一躍若者たちの人気スポットになった。

 鎌田さんが言う。「ドラマって、どの年代を書いても青春ドラマなんだ。70歳の人を描いても『どうやって生きていくか』を考えるわけだから」

 大きなバッグを抱えた高校生たちが、にぎやかに電車に乗り込んでいく。その傍らで、年配の女性がひとりベンチに腰を下ろし、いつまでも海を眺めていた。鎌倉高校前は、どんな青春も似合う海辺の駅だ。(酒井摂)

■沿線ぶらり

 江ノ島電鉄は1902(明治35)年開業。藤沢―鎌倉駅の10キロを15駅で結ぶ。昨年、全線開通100周年を迎えた。

 鎌倉駅構内には、元駅長室を改装した江ノ電グッズショップがある。小物から鉄道模型まで200点以上がそろう。江ノ島駅構内にあるのは、展示スペースが併設された待合室。往年の303号車運転台のモデルや、プラレールのジオラマ、電車のヘッドマークなどを楽しめる。22日[土]〜2月14日[月]にはバレンタイン・江ノ電スタンプラリーを開催。沿線のカフェや洋菓子店でスタンプを集めると、江ノ電オリジナル・グッズがもらえる。〈電話〉江ノ島電鉄(0466・24・2713、[前]9時〜[後]5時、[土][日][祝]休み)。

■興味津々

 昨年売り出された江ノ電300形ランチボックス(1260円)は、売り切れることもあるほどの人気だ。「タンコロ」の愛称で親しまれる108号車形の江ノ電バッグ(750円)とセットで持ち運べる。藤沢、江ノ島、鎌倉の3駅の売店や通信販売で購入可。電話江ノ電商事(0466・23・2351)。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…