現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 東海の古戦場をゆく
  5. 記事

高天神城 武田家の盛衰を映す

2009年8月20日11時1分

写真:高天神城がおかれた鶴翁山=静岡県掛川市、斉藤写す拡大高天神城がおかれた鶴翁山=静岡県掛川市、斉藤写す

写真:城跡に残る井戸を説明する山本邦一さん=同市、斉藤写す拡大城跡に残る井戸を説明する山本邦一さん=同市、斉藤写す

地図:  拡大  

 遠江の高天神(たかてんじん)城(静岡県掛川市)は、武田家の栄光と滅亡を象徴した城だった。

 掛川市街地から南へ8.5キロ、標高132メートルの鶴翁山を中心にした山城。三方が絶壁で、難攻不落とされた。徳川家康の家臣、小笠原氏が治める城は、徳川の遠江支配の要であり、徳川と武田の勢力争いの最前線でもあった。

 武田信玄が攻め落とせず、跡を継いだ勝頼が天正2(1574)年、大軍で囲んで開城させた。名将信玄があきらめた城を落としたのだから、勝頼の武名は大いに上がったことだろう。この時、援軍の織田信長が間に合わず、おわびとして家康に黄金2袋を贈呈したのは有名な話だ。

 掛川市(旧大東町)は1998年度から本丸や二の丸などの発掘調査を行ってきた。その結果、二の丸付近では現在の姿よりも土塁は高く築かれ、堀は深く掘られていたことなどがわかった。同市教育委員会の山本邦一さんは「地表面の観察や文献史料では分からなかった高天神城の本来の姿が明らかになってきた。想像以上に地形をうまく利用し、工夫を凝らして築かれた堅固な城であったことがわかってきた」と話す。

 長篠・設楽原の合戦に勝利して反攻に出た家康は、横須賀城(掛川市)を拠点に高天神城の奪還を目指す。家康は無理押しはせず、天正5(1577)年ごろから周囲に砦(とりで)をつくって包囲し、城への補給路を断つ作戦に出た。

 小笠山、火ケ峰など「高天神六砦」と呼ばれているが、静岡県地域史研究会幹事の土屋比都司さんの調査によれば、二段階の包囲網となる20以上の砦が見つかっている。「最初は勝頼の来援を意識して北と東の方向に砦を築いたが、天正8(1580)年10月以降は勝頼は来ないと踏んで総攻撃体制に入り、直径1.2キロの範囲で完全包囲して鳥の通いもできないようにした」(土屋さん)

 城側は勝頼に援軍の依頼を送ったが聞き届けられず、天正9(1581)年3月22日、城兵は打って出て、多くが討ち死にした。勝頼は城を見捨てた形になった。

 司馬遼太郎は小説『覇王の家』でこうつづった。「『これで、四郎殿(注・勝頼)はほろんだのも同然』と家康はおもった。自分の家来を見捨ててしまうという、武将としてはもっともなすべからざることをした勝頼は、(略)かれに付属している将領たちも、

 ――むしろわれらこそ勝頼様を見捨てるべし。

 と、離反するにちがいない」

 高天神城落城のわずか1年後、戦国最強とされた武田家は織田・徳川軍の侵攻を受けて裏切りが続出、「人間なだれ」を起こし、あっけなく滅亡する。(斉藤勝寿)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内