現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. TV 訪ねてみれば
  5. 記事

「花より男子」 恵比寿ガーデンプレイス(東京都渋谷区・目黒区)

2010年1月27日10時54分

写真:恵比寿ガーデンプレイスの時計広場。訪れた人たちの憩いの場となっている=東京都渋谷区、村瀬写す拡大恵比寿ガーデンプレイスの時計広場。訪れた人たちの憩いの場となっている=東京都渋谷区、村瀬写す

地図:  拡大  

■思い出重なり「聖地」に

 待ち合わせ場所の定番と言えばどこだろうか。東京なら渋谷のハチ公前、新宿のアルタ前がおなじみだ。近年特に注目された場所をあげるならば、TBS系の連続ドラマ「花より男子(だんご)」に登場した恵比寿ガーデンプレイスの時計広場が思い浮かぶ。

    ◇

 貧乏な少女と財閥の御曹司が繰り広げる恋物語。回を重ねるにつれて人気は高まり、2007年の第2シリーズ最終回の視聴率は27.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。第1、第2シリーズのDVDボックスの売り上げは20万セットに達している。

 第1シリーズ第4話で牧野つくし(井上真央)と道明寺司(松本潤)は初デートをする。待ち合わせ場所として道明寺が指定したのが時計広場だった。

 TBSのプロデューサー、瀬戸口克陽さんは「単なる公園などではなく、華やかな場所にしたかった。石のオブジェがあるのもよかった」と話す。

 瀬戸口さんによると、ドラマが始まった時点では、この広場でのロケは一度きりのはずだった。だが、人気が高まるにつれ、牧野と道明寺の思い出の場所は、視聴者のあこがれの場所となる。ドラマでも当初の予定をかえ、重要な場面で度々登場するようにした。人通りの多い時間帯を避けて、早朝に撮影することが多かったという。

    ◇

 広場がある恵比寿ガーデンプレイスは、元はサッポロビールのビール工場だった。1988年の工場移転に伴い、再開発されて94年に今の姿になった。

 敷地は渋谷区と目黒区にまたがり、面積は約83ヘクタール。サッポロビール本社のほか、デパートや映画館、ホテル、マンションなどが並ぶ。約2千人が住むことから、複合施設ではなく「複合都市」と称している。

 取材で訪れた日は快晴。広場のベンチでは、ベビーカーを止めて一休みする家族連れや昼食をとるOLの姿が目立った。

 「すいません。写真を撮ってもらえますか」とカップルに声をかけられた。カメラのシャッターを切ってから聞くと、青森から来たという。

 この日は別の主婦グループにも写真撮影を頼まれた。ドラマの続編にあたる映画が公開されて1年半になるが、今でもファンにとっては「聖地」なのだ。

 瀬戸口さんは「恵比寿には、特別な日に特別な人と行く町というイメージがある」と言う。外壁にれんがを使った建物も立つ一帯は、西欧のおしゃれな町並みを思わせる。

 思い起こせば、道明寺の自宅も非日常的な豪邸だった。そんな彼にとって、ここはおあつらえ向きの待ち合わせ場所だったのだろう。(村瀬信也)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内