ツアーや航空券の予約もできる、アサヒコムトラベル
このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  トラベル > 温泉教授の湯治に行こう記事
温泉教授の湯治に行こう

「勝ち組」は湯治

2006年01月04日
松田忠徳 〈»プロフィール

 鎌倉時代ごろから、”経験温泉学”的に湯治の1単位は1週間とされてきました。人間の生体リズムは湯治の開始からほぼ1週間で回復することが現代医学で解明されていますから、日本人の温泉学はなかなかのものです。

 ただし、現役世代にとって、1週間という日数を湯治に割くことは難しいことでしょう。仮に2,3泊のプチ湯治でも、湯治の意味を理解し、温泉と積極的に向き合う気持ちさえあれば、心身を再生することは可能だと考えています。温泉の主な作用として、次の3点が挙げられます。

 (1)温水による温熱作用(2)温泉が含有している鉱物質やガス体による理化学的、生物学的作用(3)転地による気候の作用

 たとえば2泊3日程度の湯治では、主に精神的な面での癒しが中心となるでしょう。激務をこなし、ストレスに晒(さら)されるなかで疲れ切った心身を解きほぐす。そして疲労をためない、疲労のもとをつくらないことで、元気に仕事に向かうためのからだのコンディションを整えるのです。それは取りも直さず病気にかかりにくいからだにする、つまり免疫力を高めることなのです。

 前回、企業の「湯治休暇」の夢物語をちょっと書きましたが、現在の日本では実現不可能でしょう。当面、私たちビジネスパースンが心しなければならないことは、企業に使い捨てられないようにすることです。心身の不健康なビジネスパースンが使い捨ての対象になる時代が迫っています。健康管理能力も資質の一つになったのです。

 温泉で交感神経と副交感神経、つまり自律神経のバランスを整え免疫力を高めることが、プチ湯治の最大の目的といっていいでしょう。

 2泊3日なら、週末の金曜日か月曜日に休暇を取れば比較的簡単に湯治に向かうことができます。首都圏からであれば、2,3時間もかければ一級の温泉がいくつもあります。

 こんなプチ湯治が年に最低2,3回実現できれば、日々、見違えるほど元気でいられるでしょう。特にストレスの影響を受けやすい胃腸の調子が整ってくるはずです。湯治中は粗食に徹してください。食べすぎは不健康のもとです。地球が沸かしてくれた温泉が心身にとっての何よりのご馳走なのです。

 そんな余裕をもてる、頭を切り替えてじっくり休養できるビジネスパースンこそが、今風にいう「勝ち組」ではないかと、私は思います。

ここから広告です 広告終わり

温泉特集 一覧

教授おすすめの温泉

塩原温泉
「秘湯の宿 元泉館」

源泉館
住所:
〒329-2922 栃木県那須塩原市湯本塩原101
電話:
0287-32-3155
泉質:
含食塩重曹硫黄泉他/52.5度ほか
料金:
立ち寄り入浴(8:00-20:00) 800円/1泊2食13,650円〜(別に湯治料金あり)
効能:
神経痛、リウマチ、高血圧症、動脈硬化症など

温泉津温泉
「長命館」

長命館と別棟の湯屋
住所:
〒699-2501 島根県大田市温泉津町温泉津
電話:
0855-65-2052
泉質:
含土類食塩泉/49.9度
料金:
立ち寄り入浴(5:00-21:00) 200円/1泊2食7,350円〜(別に湯治料金あり)
効能:
切り傷、火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病など

プロフィール

松田忠徳(まつだ・ただのり)

札幌国際大学観光学部教授、文学博士。
1949年、北海道洞爺湖温泉生まれ。東京外国語大学大学院修了。専門は温泉文化論で、日本で初の温泉学教授として知られている。
これまで浸かった温泉の数は約4500。その豊富な知識をいかして全国規模での講演活動をこなし、「温泉教授の温泉ゼミナール」(光文社新書)「温泉力」(集英社)など、著訳書は140冊を超える。
現在、「週刊新潮」の「江戸温泉物語」を始め8紙誌に連載する一方、全国の温泉地再生の指導に当たっている。最新刊に『温泉教授の湯治力―日本人が育んできた驚異の健康法』(祥伝社新書)

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここから広告です
広告終わり

トラベルサイトマップ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.