ツアーや航空券の予約もできる、アサヒコムトラベル
このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  トラベル > 温泉教授の湯治に行こう記事
温泉教授の湯治に行こう

平成の湯治のすすめ(下)

2005年12月14日
松田忠徳 〈»プロフィール

 ”湯治”は、戦国時代以降も、江戸、明治、大正、そして昭和前期に至るまでの450年もの長きにわたって、日本の社会を支えてきた日本人の”元気の素(もと)”でした。

 私たちは農耕民族ですから、江戸時代には90%以上が農民として米作りに励んでいたわけです。この重労働に、日本人ならではの勤勉さで立ち向かってこられたのは、湯治のおかげでした。田植えで腰痛になったり、薬がなかった時代の皮膚病や胃腸の悪化に際して、湯治が特効薬として活躍してきました。ですから、日本人にとって心身の病を治せない温泉は、温泉とは言えなかったのです。

 日本語には”湯浴(あ)み”という美しい言葉があります。平安時代の「竹取物語」や「土佐日記」にも出てきます。この湯浴みを担っているのが湯治でした。どうしても病を治す側面ばかりが強調されがちですが、湯治には、”心の湯浴み”が大きなウエートを占めていたと私には思えるのです。

 昔の人は、一月末の一番寒い時期に”寒湯治”、一番暑い八月に”土用の丑(うし)湯治”、あるいは田植えの後の”泥落とし湯治”と、さまざまな場面で湯治をして心身をリフレッシュしてきました。現代で言う”癒やし”です。経済的な余裕と時間的余裕を鑑(かんが)みながら、先人たちは年に二、三回の湯治を生活のサイクルに組み込んでいたのです。

 この知恵を私たちは、現代の生活にも活(い)かすべきでしょう。先人がやってきたことは、現代医学の観点に立つと優れた”予防医学”だったからです。”寒湯治””丑湯治”の意味は、寒さにも暑さにも抵抗力のある心身をつくることにあります。つまり”免疫力”を高めるためだったのです。

 ビジネスパースンは、日々の疲労の蓄積が限界を超えて、がんなどの重篤な病気にかかりがちです。とりあえず、週末を利用した二泊三日の”プチ湯治”でもかまいません。年に二、三回は静けさとホンモノのお湯がかけ流されている温泉場で、自律神経、つまり交感神経と副交感神経のバランスを回復してあげてください。この時の食事は質素に徹しましょう。

 日本人はお金さえあれば何でも得ることができるようになりました。そんな中で、余分なものを取り払って残る”本質”が湯治場にはあります。温泉街、お湯、風呂などの雰囲気、共同体意識――。そういうものすべてに触れて癒やされるのが、湯治、日本の文化なのです。

ここから広告です 広告終わり

温泉特集 一覧

教授おすすめの温泉

俵山温泉
「松屋旅館」

俵山温泉
住所:
〒759-4211 山口県長門市俵山5145
電話:
0837-29-0010
泉質:
アルカリ性単純硫黄泉/40.6度
料金:
1泊2食7,350円〜/立ち寄り入浴は「松屋旅館」真向かいにある外湯「町の湯」で(6:00-22:00) 360円
効能:
神経痛、リウマチ、アトピー性皮膚炎、疲労回復など

大沢温泉
「大沢温泉自炊部」

大沢温泉
住所:
〒025-0244 岩手県花巻市湯口大沢181
電話:
0198-25-2315
泉質:
アルカリ性単純温泉/51.3度
料金:
立ち寄り入浴(8:00-20:30) 500円/1泊素泊まり1,840円〜(併設の山水閣は1泊2食13,800円〜)
効能:
神経痛、リウマチ、関節痛、胃腸病、糖尿病など

プロフィール

松田忠徳(まつだ・ただのり)

札幌国際大学観光学部教授、文学博士。
1949年、北海道洞爺湖温泉生まれ。東京外国語大学大学院修了。専門は温泉文化論で、日本で初の温泉学教授として知られている。
これまで浸かった温泉の数は約4500。その豊富な知識をいかして全国規模での講演活動をこなし、「温泉教授の温泉ゼミナール」(光文社新書)「温泉力」(集英社)など、著訳書は140冊を超える。
現在、「週刊新潮」の「江戸温泉物語」を始め8紙誌に連載する一方、全国の温泉地再生の指導に当たっている。最新刊に『温泉教授の湯治力』(祥伝社新書、12月15日発売予定)

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここから広告です
広告終わり

トラベルサイトマップ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.