現在位置:
  1. asahi.com
  2. トラベル
  3. 復活へ向け出発進行

復活へ向け出発進行

 来年春に復活予定のC61型蒸気機関車が19日、群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地から搬出された。ボイラー部、車輪などの走行部分、石炭と水を積み込む炭水車の3つに分割され、クレーンでトレーラーに積み込まれた。この後、さいたま市のJR東日本大宮総合車両センターに運ばれ、修復作業に入る。心臓部ともいえるボイラーは大阪府のサッパボイラに依頼する。復元費用は約3億円。今回復活するC6120号機は1949年に製造され、主に東北地方で活躍、特急「はつかり」なども牽引していた。その後、宮崎に転属し、1973年に廃車、翌年から同公園に36年間展示されていた。復活後はすでに活躍中のD51型とともに、高崎車両センター高崎支所に配置され、上越線(高崎―水上)などで年間約110日程度の運行を行うほか、各地のイベントなどにも出張する予定だ。(アサヒコム編集部)

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。次々とめくって見ることもできます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真


検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内