現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

東海道新幹線、1時間15本可能に 2014年春から

2009年12月11日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 JR東海は10日、東海道新幹線新大阪駅の改良により、2014年春から、1時間当たりの新幹線の最大運行本数を、現行の14本から15本に増やす考えを明らかにした。台風や降雪で乱れた運行ダイヤの回復も早くなる。

 「のぞみ」の1時間当たりの最大運行本数を9本から10本に増やす。

 東海道新幹線は、03年10月の品川駅の開業で、のぞみ中心の最大運行本数12本のダイヤを組めるようになった。その後、電力設備の増強や、車両を増やすことで、09年3月から14本態勢にしていた。

 新大阪駅の新幹線線路は20番線から26番線までの7本。工事により27番線ができ、8本となる。回送電車を入れる引き込み線も、2本から4本に増やす。(伊沢友之)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します