現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

愛知の武豊線、15年春から電化 JR東海の旅客線で初

2010年3月18日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

図

 JR東海は18日、愛知県大府市と同県武豊町を結ぶJR武豊線(19.3キロ)を2015年春に電化すると発表した。JR東海道線と同じ電車が使えるようになり、名古屋市への通勤・通学がより便利になるという。1987年にJR東海が発足して以来、旅客線の電化は初めて。

 武豊線は1886年、東海道線の建設物資を運ぶためにつくられた。戦前まではしょうゆや酢、軍需物資など貨物輸送が軸だったが、現在は旅客が中心になっている。

 JR東海は現在使われているディーゼル列車の更新にあわせ、約82億円をかけて電化すると決めた。

 電化によって車両や運転士を柔軟に運用できるようになるほか、一般家庭の約540世帯分に相当する年間2900トンの二酸化炭素を削減できるという。地元の榊原純夫・半田市長は「環境面やスピードアップの面からも大変喜ばしい。高架化についても国や県、JR東海と協議していきたい」と歓迎している。

検索フォーム

おすすめリンク

日本一の頂上は、どちらなのか。かつては静岡県だったというがいまは…。

世界遺産登録をめざす「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」に含まれる教会や遺跡を紹介。

全国屈指のそば王国・山形のそばの味わいがさらに深くなる七つの物語をお届け。

20周年を迎えた東海道新幹線「のぞみ」。誕生から今年登場予定の新型車両N700Aに至る変遷と逸話をたどる。

誰でも一度は聞いたことがある大手鉄道会社から、存在すら知らなかったローカル鉄道会社まで、日本全国の鉄道会社の信じられないようなオモシロ話が満載!

「バスの料金箱は、どう進化している?」「バス1台の値段はいくら?」など、日本人の大切な“足”である「バス」の素朴な疑問から、驚きのウラ事情までを網羅


朝日新聞購読のご案内

Astand

Astand

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します