現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

JR東海、沿線県と駅建設費負担協議へ リニア新幹線

2010年6月17日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 JR東海の山田佳臣社長は17日、リニア中央新幹線の沿線各県と、駅の建設費負担について協議する場を設ける意向を示した。リニア駅の建設には350億〜2200億円かかるが、JR東海は全額地元負担を求めており、協議は難航しそうだ。

 山田社長は、記者会見で「(各県と)話をする場をぜひ提案したい。できる限り早く着工したいという点では、沿線各県と私たちは共通している」と述べた。

 駅の建設費負担をめぐっては、リニア計画の実現性を審議する国の小委員会で、沿線の神奈川や岐阜など4県が「苦しい財政状況の中、負担はできない」と、反対の意向を示している。

検索フォーム