現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

高速無料、減収30億円 JR四国「鉄道網維持できぬ」

2009年10月1日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 JR四国(高松市)は30日、民主党が公約した高速道路の無料化が実現した場合、鉄道収入が年間30億円減るとの試算を発表した。昨年度の収入の約12%にあたり、松田清宏社長は「経費削減など自助努力では乗り切れない」と説明。現行の運行本数や鉄道網を維持するには何らかの支援が必要との考えを示した。近くJR他社とともに国に対策を求めるという。

 発表によると、高速道路の「上限千円」などの割引により、09年度の鉄道収入は14億円減ると予想。無料化されれば減収はさらに年30億円上乗せされると試算した。09年度の鉄道収入は、景気低迷もあって前年度より24億円少ない228億円と予測。松田社長は「現在の事業を維持するにはそれなりの措置が必要だ」と話し、公的支援を含め対策の検討を国に求める考えを明らかにした。

 JR四国は減収を受け、松田社長ら役員の報酬を10月から10〜5%(3カ月)カットすることなどを決めている。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します