現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

旧姫路モノレール、35年ぶり日の目 1日だけ一般公開

2009年11月16日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真公開された旧姫路モノレールの車両=兵庫県姫路市の手柄山中央公園写真旧姫路モノレールの車両を見に大勢の人が訪れた=兵庫県姫路市の手柄山中央公園

 昭和40年代、兵庫県姫路市が8年間運行した旧姫路モノレールの車両が15日、35年ぶりに旧手柄山駅舎の格納庫から出され、1日限定で一般公開された。

 モノレールは市内で開かれた博覧会に合わせて開業し、3両編成で姫路駅と手柄山中央公園の1.8キロを5分で結んだ。しかし、乗客が増えず、74年に運休された。

 市は2年後、手柄山中央公園内の旧駅舎を水族館などに改修し、車両も展示する予定だ。この日の公開は事前PR。ジュラルミン製車両は現役当時のままで、「第二の発車」はいつでもオーライだ。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します