現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

ICOCA、JR西と京阪の連絡定期券発売へ

2009年12月15日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

図拡大  

 JR西日本と京阪電気鉄道は15日、自動改札機に触れるだけで改札を通れるJR西のICカード乗車券ICOCA(イコカ)を使った連絡定期券を発売すると発表した。来年5月をめどにJR西の窓口で販売を始め、翌年には京阪の窓口でも売り出す予定だ。

 私鉄とJR西を乗り継ぐための連絡定期券は現在、磁気券のみ。磁気券からイコカになれば乗換駅で財布や定期入れに入れたまま改札を通れるようになる。京阪では2011年中にイコカの自動券売機を各駅に設け、定期券だけでなく通常のイコカも販売できるようにする。

 JR西は今後、ほかの関西の私鉄にも呼びかけイコカの連絡定期券を広げたい考え。

 さらにJR西は、京阪など関西の私鉄や交通局の共通ICカード乗車券PiTaPa(ピタパ)の後払い方式システムの導入を検討していくことも発表。イコカとピタパは06年1月から一方のカードで相手の路線にも乗れる相互利用を始めているが、連携を強める。(佐藤亜季)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します