現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

貸し切り列車で模擬結婚式 芸西のホテルが企画

2010年6月14日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の安芸―夜須駅間で13日、貸し切り列車を使った「シビルウエディング」の模擬結婚式があった。

 シビルウエディングは欧米で市民結婚式と呼ばれる人前結婚式。婚姻署名がセレモニーになり、婚姻届受理証明書を読み上げる「シビルウエディングミニスター」が進行役を務める。

 芸西村の土佐ロイヤルホテルがブライダルフェアの一環として、地元が持つ資源を活用しようと企画した。安芸駅で参列者が列車に乗り込んだ後、新郎新婦役の2人が2駅後の穴内駅から乗車。ミニスター役となった同ホテルの山本貴支配人が2人を紹介し、「列車のように揺れる時もあるが、心を定めて希望を持って歩いてほしい」とあいさつした。

 次いで新郎新婦が誓いを述べて指輪を交換し、婚姻成立宣言書に署名した。新郎新婦役の2人は「開放感があり、とてもおもしろかった」と話していた。

検索フォーム



朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…